カテゴリー「車・バイク」の91件の記事

2015年11月21日 (土)

Tern君の451化(前半)

S9_2

RIDEAのVブレーキは1万円近くするので,451化は真面目に考えてなかったのだけど,1200円くらいのものだったので,思わずぽちってしまった。そのままホイールも入手。
とんとん拍子で,451化完了してしまった。。。

S7

調整幅が広いので,上の方に持ってくれば451で使えてしまう。下のほうなら406でと。
とにかく,このVブレーキがすべての発端になった。これで1セット1300円程度。

S1

S2

ternとDahonは,前が74mmだったので,とにかく使えるホイールを探して入手した。
451リムのタイヤには,パナレーサーのミニッツタフ 20-7/8をはめた。(安かったし)
重さは,なぜかタイヤ付き状態で,どちらもぴったり1Kg(前ホイール)で,軽量化には
つながらなかったけど。

S6

451化に合わせて,サイドスタンドも高さ調整できるタイプに変更した(約1300円)。
406にもどすことはほとんどないはずだけど,Vブレーキもサイドスタンドも両方使える
タイプのものとなった。

S8

あとは,スプロケットを付け替えて完了。こんな感じでひっかけて,両方を開く方向に
ちからをかけて,スプロケットを緩めてはずした。
そのまま451ホイールにつけて,締め付けて完了。

S_2

最後に,ブレーキがきーきーと鳴かないために,紙をはさんで角度がついた状態で取りつけ&あそびの調整完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

Vmaxのマフラー交換(バンスにはご注意編)

Smax1

こんな感じで,先日からはパワーアップしたV魔君に満足していたのだけど,じつは,,,バンスハインスのマフラーにやられていたんです。

というのも,商品が到着し,組み上げた最後の段階で,マフラーがはまらない!

Smax3_2

この上画像は,あとからバンスからとどいた補修用のパイプ。外径が57ミリである。
これが,購入したときの製品は59ミリあった。信じられない!

Scs3

Scs1

Scs2

上画像のとおり、本来はいるべきパイプの外径(まん中)が、サイレンサーの内径(右側画像)より2ミリ大きい。ほんとにびっくりした。

Scs4

しかも反対側のパイプは、こんな感じで、本来あるべき57ミリではなく56ミリだしね。

購入して,組めないことがわかった段階ですぐに連絡したのが11月29日。で,補修用パイプが届いたのが約1ヶ月後!その間は,下画像のようにしてごまかしごまかし使っていた。

Smax4

これだって,金のこで,パイプをぶった切るだけでなく,プラスチックハンマーでがんがんやって数cmをななめに重ねつつ,アバウトに円形にするというテクニック?を駆使しないとできなかった。
ちなみに反対側のパイプの外径は56ミリで,少しゆるかった!
商品が届いた段階では,左側が+2ミリ,右側が-1ミリという寸法できていた。
ま,普通に別の会社のマフラーは20万は超えるので,ほぼ半額でチャンバーレスにできるんだから,文句は言わない方がいいのかもしれないけど,くめない部品が来たのにはほんとにびっくりした。

なので,V魔君にバンス管を組もうと考えている方々,くれぐれもご注意を(^^;

Smax2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

VMAX1700のマフラー交換(3) 完成&試走!

Scs19

できたーー! いそいそと車庫からV魔君をおして,近所から離れたところでエンジンをかけて,ちょこっと走る。ちょうどいいところがあったので,そこで記念撮影!(RX100にて)
ながかったなぁ,,,ここまでくるの。夏頃から少しずつ気になり始めて,とどめは、外していたYCCIを付けて,エアクリーナーの吸気部分のふたをつけると,空燃費がかなり濃くなってパワーチェックするとその値もびっくりするくらい下がってしまったことだった。

で,こりゃもうチャンバーを外すしか無い! ま,爆音ってどのくらいなの?昔のZX11やGPZ900では結構うるさいDevil管など使っていたし,馬力もYCCI付きで中回転域のトルクが太いままで高回転域までどかーーんと出力アップするかもしれないなんて思いつつ交換した。

Sdsc00469_2

結果として,音は確かにうるさいけど,全開にしたときにちょっとまずいかな?と思う感じで,アイドリング時はSF1098(テルミ管)の方が迷惑やなこれは!と思うレベルで,個人的にはこのV魔君のアイドリングから60Km/hほどで走るときは気持ちいい排気音だと思う。

実際に試走してみて,1速なら普通に加速していっても途中からホイルスピンしてしまうし,そうならないときはフロントアップをちょこっとだけどしてしまうようになった。チャンバーという巨大なおもりが無くなったので,当然フロントアップしやすくはなったのだろうけど,うれしいような困ったような。(というのも,いつも警戒しながら全開にもっていくSF1098に比べ,V魔のいいところは,全開時の安定感と安心感だとおもっていた)

今は,YCCIを付けて,吸気口付近のふたにも穴をこちらのような感じで開けている。
まあ,YCCIを取り外したら,トルクで+0.5Kg ,出力で10PSくらいは上がるだろうけど,もう十分。音も結構うるさいので,走っていても車に巻き込まれる可能性も減ったと思う。
しばらくはこのままで走ってみようと思う。

Scs111

そうそう!ミラーもアマゾンに安いのがあったので交換してみた。(こちらの商品)
なかなかスリムになっていい感じ。 で,見た目以上に後方の視野も広くていい感じ。
これで3400円程度(2つで)というのは,ほんとにいい買い物ができたと思う。

------------------------------

その後、100Km程度走ってみたけど、やっぱり50から60Km/hで車の後ろを5速1500rpm程度でついて行くのは、どこどこいって楽しい。ほんとに交換して良かったと思う。また、普通に交差点で曲がってから2速で普通に加速しながらずずっとスリップというのもなれれば楽しいけど、4000rpmあたりのトルクアップも結構あるような感じ。
SF1098に比べて、トラクションコントロールがついていないので、今まで以上に車体を起こすまでは注意しないと・・・、てな感じがつよくなった。でも、ドコドコ感は最高だと自己満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

VMAX1700のマフラー交換(2) チャンバー外し&取りつけ

レーシングスタンドが来たので,さっそくチャンバーをはずすことにした。
(ほんとはスタンドが無くても取り外しはできるのだけど,取り付けには車体をまっすぐにした方がやりやすいだろうから,レーシングスタンドはあったほうがいいかと。)

Sc4

どんどんはずす。。。
もちろん,チャンバーを外す前に,前についているエンジンからのエキパイをはずす。
締め付けトルクは 2.0m-Kgらしい。組み付け時にはトルク管理しながらくむけど。で,続いて後のマフラーもはずす。いよいよチャンバーを外すのだけど,EXUPのケー ブルは,前のほうにごにょごにょと押し込んでおくだけにした。(そこで動く分には差し支えなさそうなので)
チャンバーはかなり重いので(20Kgくらい?),ジャッキでしたから支えながら下ろしていく。

Sc5

Sc7

この2気筒分を締め付けてるねじを外すために,ロングの斜めでも回せる六角レンチを事前にアマゾンで入手しておいた(こちらの商品)ので,簡単に作業を進められた。

Sc12

で,,,,で,,,

いよいよ取りつけ!!

Sc13

ちゃんとパーツもあるし,,,

チャンバーのけたら,どのくらいドコドコになるのか,,,楽しみにしつつ,,,

かりにくんでいき,両側のマフラーエンドの高さとか,O2センサーがフレームに当たらない角度になるように調整したり,きちんと各部がはまるように,調整する。
で,後の方からネジを締め上げていき,完成!

Scs18

完成したけど,今は深夜。エンジンをかけるのは明日の朝に,,,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

VMAX1700のマフラー交換(1) Vans Cs one発注

Scs120

でっかくのせてしまったけど,,,これが最終的な完成状態。
ここまでたどり着くまでの覚え書きを残しておくと・・・

まずは,急激な円安によってどこから購入するか,それが問題だった。
一応,日本でバンスのCs oneは高いところで15万ということ。今回のマフラー交換の目的はチャンバーを外すということ。ほんとは,コレクターパイプの中古が3万くらいであったらいいなとは思って,夏から探してきたけど,当然,いい出物はなかった。UFOの中古はあったけど,動画で音の傾向をきいてみても今ひとつだし,デザインもあまり好きで無かった。

その中で,これはと思ったのがこのCs one,これなら幅が狭くなってて黒くてすっきりしている。小さすぎず自分の好みのものだった。5年も経つと,純正マフラーがかっこいいと思って満足してたのだけど,今回のCs Oneがどうしても付けたくなった。

最終的に残った購入先は,(1)KORP CYCLE と(2)ヒロチー商事

普通に購入するならこんな感じだけど,USA製なので,アバウトな商品の可能性もあるから,部品足らなかったりしたら英語で請求はなかなかできないので,間に入ってもらえる購入方法を選ぶことにした。

(1)でとにかく見積もりを取ってもらった。もちろん日本語のメールで対応してくれるので安心だった。送料込みで約$890ということ,VISAカード支払もしくは,$30ほどかかるけど着払いも可能(買うなら着払いかな,でもレートがどうなるかがあるけど)ということだった。これが11/10ごろで,急に円安が進んだころだった。
(2)は,104000円くらいの値段になっていて,直接購入した場合,円安が今後も進むだろう事と,消費税&関税を別途商品受取時に請求される可能性もあるので,(1)の場合は11万は現時点での購入なら超えそうなことがあるので,,,結局ヒロチー商事さんで購入することにした。

ということで,レーシングスタンドを入手,チャンバーをはずすことに・・・

Sc3

こんな感じで,完了。V魔は私にとってはほんとに重たいので300Kgの車重は不安だったけど,あっけなく,簡単にスタンドがけをすることができた。かんたんかんたん。外すのも簡単。

Sc1_2

Sc2_2

まずは,フロントブレーキをかけた状態にしてから,,,レーシングスタンドに両側のフックをかける。車体をまっすぐにしたら,レーシングスタンド両側のローラーが地面に着くので,片足で軽くふみつつ,タンデムシートを持って,両足でスタンドに乗り,軽くジャンプするくらいで全体重をかけて踏み込むと,かちゃーーんとスタンドが上がってくれた。(簡単!)

外すときは,右足でスタンドのローラーを押さえて前に動かないようにして,車両を前に押し出すと簡単に外れてくれる。ほんとに思っていた以上に簡単だった。ローラーの効果大だ。昔ながらのローラーがついていないレーシングスタンドしか持っていなかったけど,こりゃ簡単ないいものを入手したと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

アクションカム(HDR-AZ1)の風音対策(成功編)

前回のペットボトルのカバー,そこそこいい感じだったので,形を少し工夫してみた。
(ちなみに、約10日間、失敗しまくったカバーたちはこちらにて紹介中)

S15こんな感じで完成。
比較的コンパクトに作れて,カメラマウントのネジがすぱっと止められる状態に作った。

S14

キリンの缶チューハイが,でこぼこが無いことと,家には無数にあるので,ざっと20個は切り刻んでみた。。。で,とりあえず上のように切り取って,AZ1に現物あわせをしていく。

特に,切り込みの深さに関しては,すこし浅めに切っておき,すこしずつ深くしていくことで,気に入る深さまで現物あわせをしていく。
次に,穴を開ける位置だけど,これは思っているより前目にあけること。
でないと,レンズ部に隙間ができてしまう。隙間ができないように少し前目に開ける。
さらにレンズ部の丸い穴を開ける大きさも,ゆがんで少し大きくなってしまうことを見越して少し小さめに切り取って開けておく。

S_3

ペットボトルって,こんなやつね。ちょっと高いけど,甘くなくておいしいですよね。これ。

そうそう,ペットボトルのカウルは,後半分は,前半分のもので失敗したものを切り取って作ります。それで一応,ばっちりです。電源を入れるために,小窓を作っておきます。

S11

こんな感じで完成! 前のレンズ部の隙間が開かないように,ビニールテープで貼ります。

実際に試走して、風音をチェックしてみた。(上がカバー無し状態。下ペットボトルカバー有のもの)

ちなみに、HDR-AZ1を購入する前は、HDR-AS100vを使っていた。これは、カバーなしの裸の状態で、普通に風きり音も気にせず、動画撮影をすることができていた。それだけにAZ1に無理して買い換えたのに、風きり音がひどかったのは本当に残念。比較用に、下にHDR-AS100vの動画を載せておく。(約60Km/hにて走行のもの)

もうひとつ,見つけた。
フレームスライダーのところに,アクションカムを付けると,ちょうどラジエターのかげになって風が当たりにくいんですね。たまたまだったんだけど,見つけちゃいました。
もし2台アクションカムがあれば,,,(あくまで,あれば,ですが,,,)
ここにカメラを置いて,音声はここのものを使えば,きれいに録音できます。
地面も近いので全景は写らないけど,そこそこ迫力もあるし。

Sslider_2

S_4

こんな感じで,リモコンもハンドルマウントにつけると完璧!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクションカムHDR-AZ1 風きり音対策(シュリンクカバーいただきもの編)

これは、いただきもののカバーです。私には、こんな技術力ありません。。。神様、ありがとうございます。大切に使わせていただきます。

Photo

Photo_2

Photo_3


Photo_4

こんな感じのカバー。横から見ても隙間がほとんどない。少しきつめにぴっちりできているので隙間から空気はいりにくい。また、レンズ部もほほ透明で、動画も違和感なくみることができた。感謝します。

実際に走行時の風音を載せておく。(上側が今回いただいたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクションカム(HDR-AZ1)の風きり音対策(失敗編)

お散歩&ジョギングカメラ(静止画)として購入したアクションカム(HDR-AZ1)だけど,,,
ちょこっとバイクの時の動画にもと思い使ってみると,風きり音が醜く,ほんとに残念。
HDR-AS100vのときは,ほとんど気にならなかったのだが,AZ1ではまるっきり違う。

とにかく,どうにかしようといろいろ策をねってみた。。。
(ということで,今回のものはすべて失敗編のもの。よく作ったものだなと。。。)

S1

まずは,キッチンペーパーを貼り付けた。もちろん,ぜんぜんだめだめだった。

S3

次は,スポンジ。無いよりはだいぶましだけど,まだまだダメ。
スポンジの外側をビニールテープで丸く貼り付けはしたのだけど,無駄だった。

S04

さらに,その上にマイクロファイバーのウエスを切り取って貼り付けた。(ダメだった)

S5

スポンジの材質を変えてみた。ダイソーの,床に使うスポンジマット。ま,変わらなかった。

S6

どんどん続きます! 次は,ダイソーの汗ふき用のリストバンドをこんな感じで2つ折りにしてマイク部をカバーしてみる。結構,効果はあったけど,でも,まだまだダメ。

Spet1

次は,ペットボトルの一部を切り取ってマイク部をカバーしてみた。すこしでもなめらかになるようにと考えつつ&隙間が空いてそこからぴゅーっとならないよう隙間が開かないようにビニールテープを貼り付ける。

Spet2

こんな感じでビニールテープをはりつける。その上にリストバンド2つ折りでカバー。
ここまでしても,やはり風きり音は聞こえてきて,満足できる状態にはならない。

S

で,思い切ってペットボトルでカウリングを作ってみた。隙間が空かないようにビニールテープでしっかり覆う。

S_2

これは,だいぶ風音がおさえられた!! ただ,カバーに手間がかかるし,電源を入れるだけでもめんどくさいので,現実的では無い。でも,音は,満足できる状態だった。

ということで,成功編へ続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

SF1098をシングルシート仕様に

Ssfstep0
こんな感じ。といっても,どこが?
というのも,タンデムシートを付けないので,どうせなら次回の車検時から乗車定員を1名に変更しようと思ったので,それならタンデムステップを取り外しておかないとダメなので。
ぶった切ってしまった。

Ssfstep1

ま,万力と金ノコがあれば,しゅしゅっと10分でした。
その後,グラインダーで角と切断面をちょちょっとそろえて,あとはテープでマスキングしてつや消し黒のラッカースプレーで塗った。
ついでに,ラジエター横のアルミのガードも目立つので,一緒につや消し黒に塗った。
なかなかいい感じで仕上がった。

普通にこのマフラーステーを買うと4万円程度するものもあるけど,とうてい貧乏人の私には難しいというか,とりあえず切ってしまおうと思っただけで,、、これでよしとしておこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

SF1098 プレッシャープレート&ミラー交換した! 

Sdsc00622


思っていた以上に,落ち着いた感じで上品に仕上がったように思う。
どうにも金色のクラッチカバーがどうにも変えたくて気になっていた。昔M900に乗っていた頃にも,オープンなタイプのクラッチカバーに交換していたこともあって,機会があれば交換したいと思っていた。
無事,交換してみて,お気に入りの一品になった。

覚え書きに,,,,少しだけ,、、

Sp01

Sp02

純正は,こんな感じなので,オープンにすること自体無理があるのだけど,、、
とりあえず,上画像右のもので,矢印が入っているところに,縦の溝を切っているところに合わせてくむのが正しいらしい。
これを,今回組むプレッシャープレートにもなにか印があるかなと探したのだけど,表面には無かった! 裏面をよく見ていると,印となるポンチ跡があった。これだ!と思い,そのポンチに合うようにプレッシャープレートを組み込んだ。

Sp03

で,あとはプレッシャープレートを押さえるスプリングとそれを固定するネジをしめていく。
もちろん,対角線に締め上げていく。締め付けトルクが5N.mなので,緩めたときの感覚になるように何度か緩めて確認しつつ,スプリングを固定するネジを締め上げた。

Sp04


Sp05_2

乾式クラッチであればこそできる変更なので,満足、満足。

ついでにミラーもCNCのものに変更した。小さいけど、そこそこ見える。ミラーが低くなって、全体的な印象も低く構えたものになるのでお気に入りの一品。
(アマゾンのここで購入)

Sdsc00626


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧