« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

3本ローラー台用ワークアウト作ってみた(Garmin 410)

Shana1

とにかくここ3年間で増え続けてきた体脂肪率,どうにか減らすための一環としてローラー台にひさしぶりに乗ることにした。

で,新しくケイデンスセンサー(GSC10)を入手!
ちゃんと心拍計もつけて,一定負荷で計測しつつ様子を残しながら,筋トレにもなるかな?
以前の目的は,梅雨で雨の時にジョギングの代わりにというだけのものだったのだけど,今回はデータを残しつつ,励みにもしたいと思いながら開始。

Workout1

いつも使ってるGarmin410用にワークアウトを作った。

1)5分間,ゆっくりこぐ。(ジョギング直後の場合は1分程度に短縮)
2)心拍計をつけておき,ゾーン3(心拍が130から148)におさめながら,8Kmを走る。
3)3分間のクールダウン

という内容。できれば,週に2回,できなくても週に1回はしたいと画策。

実際にしてみた結果・・・

Cycle_lap

で,一番最近のもののグラフを載せると・・・

Cycle_gluf1

今回は,ゾーン3のぎりぎり状態(148から149bpmで維持)でこいでしまった。
で平均のケイデンスが78で,26.5Km/hくらいだった。

ジョギングのときに一緒心拍計をつけて走ってみると,キロ6分5秒程度の場合,125bpm前後だった。なので,上記の148bpmの心拍というのは,結構な速さで走ることになるかも。

ということで,一ヶ月続けば,なにかの変化があると信じつつ,続くかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

体組成計(タムロンBC-622)がやってきた!

S1

左上が,ふるーいオムロンHBF-354,左下が数年前に購入したオムロンHBF-701,
で,右側が今回入手したタニタBC-622

以前のHBF-701のときの様子はこちら

その時は,入浴直後に計りたくて,タニタの体脂肪計を買い直した経緯があった。
が,今回の目的はPCもしくはスマホと連携して体脂肪と体重のグラフを残していくこと。
その意味で,モデル末期のHBF-701を安く入手した。

S2

こんな感じで計測してくれる。ま,機能はいろいろあるけど,PCと連携できるのがうれしい。

計測の比較は・・・

Test_2

タニタのものは,以前の機種と同じで入浴直後は,体脂肪率が少なすぎて計測しない方がいい。タニタの説明書によると,食後2時間後くらいがいちばん正確でいいらしく,たしかにオムロンと同じくらいの計測値になっている(上表内1h後のところ)。

で,PCとつないで,,,

5_2

とか,

6

とか,

7

な感じで,毎日,毎週,毎月単位で確認できるようになった。

まあ確認できるだけだけど,ぼちぼちと続けていきたい。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

Limar PRO 104 ULTRALIGHT でなくて,O-cle 3300円入手

Slc0

今使ってるヘルメット(左側)は260g程度あったのだけど,以前格安で入手したリマールPRO4のMサイズは小さくて結局新品のまま手放し,そのうちとおもっているまま数年が経過。

最近,やっぱり軽いヘルメットがほしいと,探していると,O-cleが200gらしく,しかも3000円程度ということで,さっそくアマゾンから入手。

Slc2

たしかに,軽い! 見た感じも普通だし,マークもちゃんと付いている。
しばらく使ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

今年のガラスコーティング&側面LED施工

Sled7

昨年の反省にもとづき,気温が低めのときに施工するはずだった。
けど,すでに遅かったみたい。あせだらだらになるような気温では無く,湿度も低かったので汗はかかなかったのでましだった。今回はGWに一台と今日終了したけど,やっぱりGWまでに済ませるのが楽かも。

下地処理に90分,ガラス施工に90分,仕上げ&拭き取りに180分程度かかった。

でもきれいな状態に復活したように思う。

で,続けて今流行?の側面LEDをヘッドライト下に挟み込んだ。
配線は,車内のヒューズボックスから通しても良かったのだけど,エーモンのワイヤレスキットを利用して,エンジンルーム内のヒューズから常時12Vをとってお手軽に配線した。

白の60cm(1cm間隔)のものを購入したのだけど,どうにも紫がかっている点が気にはなるが,常時点灯でつかうつもりなので,ま,いいかということで。

一応,取り付け前におおまかな消費電流を計ってみた。

Sled2

片方で約0.4A程度,エーモンのワイヤレススイッチ1858は,使えるのが1A以内ということで,ぎりぎりいけそう。これに1859の送信機スイッチを車内に組み合わせて使った。1858はアマゾンなら1500円程度ですぐ翌日に届いたので,便利だった。
(エーモンエンジン連動on-offスイッチ2850とだいぶ迷ったけど,車検のことも考えてみた)

Sled3

この防水チューブも使ってみた。(なんとなく普通のより安心かなと。エンジンルームだしね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

カロXの AXM-P01 に オーテクのハイローコンバータをつけた!

ナビのスピーカー出力をAXM-P01につないで使っていたのだけど,どうも調子が悪い。
という症状が2年ほど前に発生。そのときは,AUX1のものをAUX2に入力し直すことで対応し,なんとかそのまま使えたのだけど,その症状が再発した。

いろいろ考えた末に,オーディオテクニカから発売されている『ハイローコンバータ-』を購入し,スピーカー出力を,ライン出力に変換し,それをAXM-P01のミニピンから入力させることにした。
このハイローコンバータは,AT-HLC110というもので,トランスを使って信号を変換しているタイプ。出力レベルを可変することはできないけど,それは逆に余計なものをはさんでいないという理解でいいと私は思った。

ま,接続の手間から,多少ハイローコンバータには手を入れて使いやすくした。

Simg_1327

ラインアウトの信号は,ヘッドフォンのリケーブル用においてあったオヤイデのPCOCC-Aのケーブルを気休めに使ってみた。
で,,,すぱっと設置完了!

Simg_1331

白い○で囲んだ部分に,ハイローコンバータを入れた。(裏面には傷よけにゴムをはりつけておいた) 無事に,設置が終わり(というか,接続自体はほんと5分かからない),信号の入力を AUX4(ミニプラグ)に変更して,無事に音が出ることが確認できた。
なかなかクリアに聞こえたので,必要にして十分なオーテクのハイローコンバータでした。
そうそう,このハイローコンバータは,アースもちゃんととる仕様なので,余計にノイズが入らずクリアなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »