« ハイレゾ環境一応完成(TEAC UD-501 & FET差動バランス) | トップページ | 今年のさくらもきれいでした! »

2014年3月28日 (金)

PCの大掃除 + MSI R9 290 のベンチ

我が家のPCの中を掃除したのが,ちょうど二年前。
その時にi7-3770Kに変更し,動画エンコードをチェックした際,温度が少し高かったのがきっかけで,CPUの水冷フィン等についているほこりをざっくりさっぱり掃除して以来。

今回もびっくりするくらいほこりが,ケースの入り口にも,出口のフィンにもついていたし,グラボにもついていた。
ちょうどいいタイミングでMSIのR9 290(無印の方で,オリジナルファン仕様)に換装できた。
なかなかよく冷えそうな感じで,頼もしそう。とにかく安定して動作してくれることが一番だったことと,
S1

動作チェックを兼ねて,まずはAMDのグラボで3Dに対応している数少ない Dirt3 を試した。(AMDで3Dでゲームする際は,HD3Dに対応したソフトでないと使えないみたい)

S5

S3

普通にDirt3のベンチマークをしてみるとFPSがだいたい平均151FPSで,3Dにしてもほぼ60FPSにはりついたままだったので,十分すぎるほど。

S2

設定は,どちらも最高設定でしてみたのだけど,まあ当然の結果と言えば当然。
(3Dは1280*720の解像度で。2Dは1920×1080の解像度)

SimCityも最高設定(1920*1080)で,だいたい45から55FPSだったのでこれまた十分。
今回の主目的のBF4においても,シーンによってばらばらなんだけど,ネットワークプレイでも十分なFPSは確保できているはず。約2年ぶりのPCのメンテナンスになっているけど,ちょうどいいタイミングでオリジナルファン仕様にできたと思っている。

|

« ハイレゾ環境一応完成(TEAC UD-501 & FET差動バランス) | トップページ | 今年のさくらもきれいでした! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/59368584

この記事へのトラックバック一覧です: PCの大掃除 + MSI R9 290 のベンチ:

« ハイレゾ環境一応完成(TEAC UD-501 & FET差動バランス) | トップページ | 今年のさくらもきれいでした! »