« PHA-1やPHA-2との下調べ用ケーブル・・・ | トップページ | PHA-2がスマホ(GalaxyNote2)で使えた! »

2013年10月28日 (月)

PHA-1やPHA-2との接続ケーブルとりあえず完成!

Scable9

先週には,これらの接続コネクター類,作っていたんだけど,時間が無くて更新してなかった。
左からiPodTouch用,真ん中がAndroid用,右が電源を別にしたAndroid仕様(バッテリー吸い取られるので,別電源にしている。ホスト側であるスマホのマイクロUSB側のGNDは,バッテリーのUSB-AとPHAにつなぐマイクロUSBのGNDの両方に接続している。)
USBのピン配列は,こちらを参考にした。

Scable09

ホスト側(アンドロイド機に接続するマイクロUSBは4番のIDと5番のGNDをつないでおく)
上画像真ん中の16,23,25,27番は,iPod用のDock番号と信号。これを参考にマイクロUSBに接続した。

Cable6

Scable3

あとは,とにかく今回自作した目的は,信号線と電源線を別にしてケーブルを作る!こと。
ということで,上画像右のように,2芯のシールド線だけど,単なる自己満足でさらにシールドをして,あとは保護する目的でもう一つかぶせて完成!

Scable4

ただ,このDock端子は少し大変だった。入手したのがアナログ出力用のものだったので,端子をいっかい引っこ抜いてから,目的のピン番号の所を数えてさしてから半田付け。
なかなか微妙な力加減も必要だったけど,,,あと,忘れずにホットボンドで補強もした。

Scable5

iPodTouchも無事に接続できたし,AndroidもPHA-1であれば普通につながるけど,スマホのバッテリーを使ってPHA-1を駆動するようなので,やはり30分以上使うときは,別電源仕様のケーブルを使うつもりで作った。(下画像右)

Scable7

Scable8

PHA-1+Android機(我が家の場合はGalaxy Note2)の場合は,普通にハイレゾで無いときは接続して使えるし,ハイレゾの場合はUSB Audio recorder Proというアプリで再生するとハイレゾも再生できた。

今回使った2芯の線材はこちらのものを使った。
(PCOCCをつかったシールドの線材。PCと2m程度の接続の時はACTRONIC DEVICE 0.9mmを使うつもりだったけど,今回の用途には太すぎて曲がらないだろうから,,,すっぱりやめて細いものにした)

 

ま,これで自分には音の違いがわからなくても,少なくともノイズを拾わない仕様の接続ケーブルはできたので,気持ちよく使っていこうと思う。

 

|

« PHA-1やPHA-2との下調べ用ケーブル・・・ | トップページ | PHA-2がスマホ(GalaxyNote2)で使えた! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/58472909

この記事へのトラックバック一覧です: PHA-1やPHA-2との接続ケーブルとりあえず完成!:

« PHA-1やPHA-2との下調べ用ケーブル・・・ | トップページ | PHA-2がスマホ(GalaxyNote2)で使えた! »