« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

今年も城山RC(24時間マラソン)に参加するも・・・

例年なら,このときは50Kmを走っていた。

のだけど,,,15Kmも走ると,足がだるくなり,もう20Kmでへろへろ・・・
そんなに暑くも無くて,いいわけできないコンディションなのだけど,完全に走り慣れていない。
練習不足のたまものということで,すごすごと2h程走って,帰宅ということになりました。

Rc1

Rc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

今年のガラスコーティング2

Swax0
前回は,真夏の35度越えの炎天下に行ったガラスコーティング。
もう一台は,涼しくなった秋にと思っておいてあった。 で,いよいよ本日,決行!
予定では,最高気温25度だったんだけど,実際は暑くなってしまい余裕で30度越。

どうなってるんじゃ,あきどこいった??って感じで。
でも,まあ,コーティング剤が数年前とは違ってだいぶ改良されているので,
伸ばしやすく,拭き取りやすいので,お盆の時よりは楽にできそう。

Swax1

もう,5年になるんだけど,年1回の下地処理が効いているのか,ガラスコーティングが効いているのか,屋外駐車だけど,十分にきれい!だと,思う。。。

Swax2


最後は,わんこの決めポーズで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

PHA-1をiPhoneとAndroidで使う!(いろいろ動作確認)

Spha0_2

先日,日本橋のeイヤフォンで,ふっと試聴したら,なかなかER-4Sが私の好みの音の方向に変わってくれたため,SE535LTDの資金がそのままPHA-1に変わってしまった。
それはそれで満足。

で,いろいろと再生環境を試してみた。
(以下はメーカーで保証された使い方では無いので,あくまで参考程度であり,自己責任でお願いします。)

1)普通にiPodTouchでUSB接続して16bit44.1KHzでwavやFlacを再生してみる。
  もちろん,好みの音の方向になってくれるので,満足。

2)アンドロイドで,電力制限の緩い機種(GalaxyNote2や3α)に,マイクローマイクロのUSB接続を試みる。あっさりと再生できた。で,24bit96KHzのファイルもUSB Audio Recorder Proでちゃんと再生してくれた。
なかなか使えるPHA-1である。(音の傾向が私好みであることがやっぱり一番だけど)
ただ,問題点も少しある。
この直結の接続の場合は,PHA-1の電源もUSB経由でスマホのバッテリーから電力を供給しているそうで,スマホのバッテリーの減りが早くなるとのこと。ま,Note2で使うし,一回に1h程度しか聴かないから,そのままでもいいのだけど。

3)iPodTouch4G+CCK(CameraConnectionKit)だと,電力制限にかかって使えない。
  下画像のように,USBのY字ケーブルを使って,電源自体は完全別電源に切り離したけど,USB接続時にチェックしているようでそのままでは電力制限にかかって使えなかった。
ただ,D12Hjのようにハブを介すると,そのチェックが回避されて使えることは使えた。
ただし,16bit44.1KHzはプチノイズが入ってしまい,逆に24bitはスムーズに再生された。
ということで,この環境では使えないことがわかった。XD-01に限れば大丈夫だったのだろう。

4)Android(GalaxyNote2)とPHA-1を接続するが,電源は別電源に独立させてつなげてみる。

Spha4

まずは,アマゾンでこんな延長+Y字のケーブルを入手。(DS用だったかな?)
そして片方のピンを折り曲げながら取り去ってしまう。(ここは+5Vのピン)
この入手したY字ケーブルは左側の方は,データの信号線が来ている内側の2つのピンは接続されていない状態だった。アースは,取らずにそのまま残しておく。

Spha5

Spha6_2

で,無事にアンドロイドのUSB接続では使用できた。普通のミュージックアプリででも。

Spha9

まあ,当分は,喫茶店や時間があるときに机でiPodTouch+PHA-1+ER-4Sの環境で使うと思う。

Spha1

Spha8

で,鞄に入れるときは,ちょうどいいケースが100均にあった。
上画像右側,ペットボトル入れ。これほんとに生地が少し厚いので,まず傷は入らないし,普通に使いやすかった。なかなかこれもありのケースかなと思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

日本橋体験(何年ぶりだろ?)

10年以上ぶりになるのかな,日本橋。
以前は,コンデンサなどのオーディオパーツを買いに来たことくらいだったんだけど,
今回の目的は,なんといっても『eイヤフォン!』に行くこと。

Se

きたきた!!
いっぺん来てみたかった。 目的は,,,もちろん,イヤフォンの試聴。
実際に聴いてみないと,意味ないというか,違いがわからなかったらそのままでいいし,
好きな傾向にあってるというのも大事だし,,,
いつも使っているイヤフォンは(古いけど)ER-4SとATH-CK10とあとはエティモのhf5と,すべてBA型のシングル。先日heaven4を入手して,低音の豊かさにはびっくりする一方で,やっぱり高音の繊細な表現がいいなと再確認した。

で,その方向で,UE900とSE535LTDのどちらかをほしいなと思っている。
手持ちのポタアン類を処分して予算を捻出しての日本橋。3万以内で,どちらかを入手するつもりで出かけていた。
のだけど,,,結果として,何を入手したかと言えば,PHA-1だった。。。

聴いてみた感じは,GalaxyNote2+D55でUE900とSE535LTDを聴かせてもらった。
自分にも違いはわかったので,どちらかを選ぶ意味はありそうで,どう考えても自分の好みというか,いつも聴いている方向性からすれば確実にSE535LTDだった。
それがわかっただけでも十分。
新品でも店頭大特価で34000円だったけど,結局買わずに,2Fの中古コーナーで,
気になっていたD12HjとPHA-1を試聴。
PHA-1が高音域はそのままで,中低音域がよりしっかり出てくれる。
これならER-4Sと組み合わせたらほんとに気持ちよく聴けそう!

2万円だったこともあって,これからしばらくはアンドロイドでなくiPhone4Sを使う予定
なので,やっぱりPHA-1かなと。。。
イヤフォン買いに行ったのに,気がつけばポタアン購入とは。。。ま,いいのだけどそれで。

S

来ました。いつもは,Webショップでお世話になっているのだけど,eイヤフォンの隣にあるんです。
購入するものは特に考えてなかったんだけど,とりあえず,家のバランスアンプに接続するためのヒロセの6ピンのコネクタを購入。
(これでいつでも,バランス接続のイヤフォン入手したら,リケーブルできるぞ!と)

ということで,充実した60分間でした。

あとは,,,おまけ・・・

(台風接近中です・・・)翌日の様子・・・

S_2

裏は,水浸しです。
お散歩も,道が浸水してて,渡れない。 今日は,ここで帰ることに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

iBasso D55を入手したものの・・・

D55を入手した目的は,①iPodTouch+CCKで24bitも聴いたり,普通に16bitを聴きたい。
              ②GalaxyNpte2でも普通にUSB接続で聴きたい。

だったんだけど,,,結果は,玉砕!

今,落ち着いて考えてみればXMOSを使ってるんだから,CCKではたぶん電力制限かかるだろう!くらいは思いつくべきだった。(Hiface-Twoで検証済みだったのに)

とりあえず,くやしいから,内部画像だけでも・・・

Sd552

Sd553

値段が,思っていた以上に安かったので,もしオペアンプが交換できたり,もしCCKでハブなしで使えたら,,,なんて思いつつ,試したのだけど。
なにが今回一番アウトだったかと言えば,アンドロイドにつないで普通に使えなかったと言うこと。それはいかんでしょう,やっぱり。(USB audio class2.0対応?みたいなこと書いてあったから,普通にそのままUSB接続で使えるだろう。で,あわよくば電力制限にもかからないかも(USBとチャージの切り替えスイッチがDB2のようについていたので。)なんて期待していた。)

実際は,,,アンドロイドの電力制限が緩い機種(GalaxyNote2や3α等)ですら,普通のUSB接続では音楽再生ができなくて,USB Audio Recorder Pro でしか再生できなかった。
D55は日本だけの販売のようだけど,結局の所,どうゆう環境や状況で再生することを想定しての商品開発なのか,よくわからなかった。
AK100につなぐわけにもいかず(USB接続できないので),家の据え置きで使うなら,もっと別のものがあるだろうし,,,あとは,出先の喫茶店でノートPCと接続するだけ?
CCKもだめだし,,,もう少しなんとかなったのでは,と残念な状況でした。
ハイレゾにこだわらないのなら,やっぱりD12か音の傾向の好きなPHA-1かなと思った。

Sd554

Sd555

まあ,唯一再生できた環境では気持ちよくポータブル環境で再生できるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

FinalのHeaven4というイヤフォン入手!

Swanko

と,,,関係ない画像でしつれい。あまりにもうれしそうにしていたわんこ君だったもので。

上の小ザル君の誕生日プレゼントに購入したFinalのHeaven4

Sheaven1

色はバイオレット。価格コムの評価を信じて,eイヤフォンから購入した。(12800円ほど)
いつも大切にしているのは高音域のクリアさだったのだけど,今回のHeaven4は,その点ではすこし微妙で,私の高音聞こえにくくなっている耳ですら,DAPによればこもるような感じがしてどうも気に入らないときがあった。
でも中音から低音域については,いい感じでしっかり出ていて,出しゃばっている感じも無かった。
で,AT-HA30USBにつないだときに限っては,この高音域のなんとなくちょっとこもっているような感じは気にならなくなった。(FET差動のアンプにつないだり,そのままiPodにつないだりしたときは,高音域ののびが無いような気がして・・・個人的には好みの方向性が違っていたのだけど)
でも,たまたま気にならない組み合わせで使うようになったので,それで問題なしなのだけど。
今までEtymotic Research hf5 をどうでもいい外で聞くときは使っていた。その代わりに,ちょっとだけ値段が高いけど今回のHeaven4に交換した。使ってみて,アンプとの相性があるとは思うのだけど,とりあえず今回の組み合わせででは,私の好みの方向になってくれているので(たまたまだけど),OKかなと。低音域がしっかり,出過ぎずにでていて,高音もそれなりに出ていて,幅が広くなったように感じるので,hf5より気持ちよく使えてしまう。(女性ボーカルがメインの用途だけど)

Sear1

インナーも上画像のように,Heaven4には,堅いタイプと柔らかいフィットタイプの2種類が大中小とついていて,いままでずっと使ってきたATH-CK100にもこの付属のSを使った。音が出る穴の直径が大きくなっていて,いままでのものよりなんとなくしっかり聞こえてくるような気がしている。こちらの画像のような感じ。

Sb4

バランスーアンバランスの変換コネクタも作ったし,もうこれでしばらくはどっぷりと音楽聞く環境ができたというもの。でも,ただ,すこしだけ,DB2で試したオペアンプ交換でmuse02とmuse01が気になってて,そこは入手できなくても8920や8820を試してみたいという気持ちはふつふつと残ってはいるんだけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

DIGAのHDD故障&交換

Shimawari

とりあえず関係ないけど,この夏,一生懸命に咲いていたので,載せる機会も,もう少なくなってるので,とりあえず。
(ほんとは60日かかるところを45日くらいで咲いてくれた。よく頑張りました。)

で,本題!

いきなり,HDDの故障がやってきた。もう数年間使い続けているので(週に10h以上は録画しているはず)・・・,でもいきなりその時はやってきた。

Sdiga1

ネットで,交換用HDD(起動用データも書き込み済みのもの)を,値段は13000円程度と2テラHDDとしたら高いけど,それも買い換える思いをすれば安いものということで購入。

Sdiga2

中を開けるのは,本当に簡単。 S-ATAのソケットを差し替えてHDDを交換。

Sdiga3

今回は5400rpmもタイプになったけど,べつに気にしない。

一緒に起動の手順(フォーマットのメニューを出す手順)を読みながら操作して,無事完了!

Sdiga4_2

容量も倍に増えたし,まあ十分でしょう。3年は使いたいのだけど・・・・

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

iPhone4Sでハイレゾ再生環境を!(AT-HA300USB)

とにかくコンパクトで、外出先でクリアな、ほどほどの音を便利に聞きたいという用途にぴったしの組み合わせを見つけた。

今まで、Androidスマホの時は,普通にUSB Class Audio2.0+USB AudioRecorderPro でハイレゾ音源を再生できてたんだけど,今回,iPhone4Sでそれ以上に便利に使える環境を見つけたので報告。

Sc31

Sc21

見ての通り,上画像左が24bit96KHzで,右側が16bit41KHzのもの。
今回,動作が確認できた組み合わせとして,

iPhone4S(or iPodTouch第4世代) + camera connection kit + AT-HA30USB(or HifaceDAC) + 脱獄環境

(ということで,これ以降は,脱獄環境が前提になるので,あくまで自己責任で)

今までは,Galaxyシリーズに,ホストケーブルでUSBーDACで使っていた。

Sc1

といっても,ハイレゾ音源だと,アプリ(USBRecorderPro)の使い勝手が悪いので,普通のアプリで再生していたけど。もちろん,AT-HA30USB + USBRecorderProでハイレゾ音源を再生できるんだけど。Galaxy(S3αやNote2)なら,消費電力制限はないけど,Xperiaでは制限がある機種もあるし,CameraConnectionKitも消費電力制限がある。
なので,接続するUSB-DACの消費電力は少ないものでないと使えない。
(確認できてないけど,出力からたぶんDragonflyはだめ。HifaceDacはカタログに使えそうな表記があった。で,格安なAT-HA30USBは,出力が小さかったので,思い切って試したらすんなり使えた!!)

Cam1

Flac1

Flac2

で,cameraConnectionKitを上画像左のCameraConnector(脱獄アプリ)を使うとiPhone4SやiPodTouch4世代で使うことができる。それにFLAC Playerを使えば,ハイレゾ音源を再生できてしまうし,プレイリストなんかもうまく設定できるし,ほんと便利な設定をみつけたと思っている。

注意点がもうひとつ! CameraConnectorを使うときは,そのたびにリセットが必要になる。だけど,スリープ状態ではずして,普段使っていて,スリープ時に接続してから起こすとうまく使えるときが結構あるので,確実に毎回リセットが必要になるとは限らない。
意外にリセットしなくても使えるときが多い(スリープ時に脱着すると)

で,AT-HA30USBは,以外に短くてコンパクトなんで,ほんとに外で使う仕様にぴったり。
Resupport4+とこのiアプリは相性が悪いので,どちらか片方を使うようになりそう。

Sc4

で,次はやっぱり音質に一番影響のあるイヤフォン・・・

ま,これに関しては,完全自分の好みになるので,次回の更新で・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

我が家のハイレゾ計画6(db2編)

Sb2

約9ヶ月ぶりの更新になるのだけど,いろいろ入れ替えたので・・・

まずは,ジャンクのDB2を引き取ってきて修理。
 (RCA端子が断線して使えなくなってるので,バイパスをして修理)

Sbr2

抜き差ししているうちに5ミリはある幅の金属の端子が切れていたのでバイパスさせて使えるようになった。DB2は,正式にハイレゾ音源に対応しているし,DB1では認識しなかったけど,iPhone + Camera Connection Kit(要脱獄) で認識してくれて,消費電力もクリアして使えてしまう。 TEACのUD-501をとだいぶ夏前は考えていたのだけど,DB2のコンパクトさとバッテリー電源という点と安価という点でやはり私にはDB2が十分だし身分相応かなと・・・

実際に使うのは,PCに接続して,思う存分ハイレゾ音源で聞くことができる。UD-501を購入する代わりにDADとしてHiface Twoも購入して,2m離れたPCと接続し,そこから2mの同軸でDB2に流すことに。ま,なにか必要になった際にはDADを処分するとして,とにかく今はこれで大満足。(DADが無くてもきっと違いは私の耳と手持ちのイヤフォンでは無理かと思っている)

Sdb21

DB2はこの上画像みてもわかるように,バッテリーが2つ搭載されていて,アナログ部分とDAC部分を別の電源で駆動している。もう,違いがわからなくてもそれでいいかなと。
もちろん先日作ったバランスFET差動アンプも12Vバッテリーで使ってるし。

せっかくDB2があるのだから,誰もが試すオペアンプ(バッファ)交換をしてみた。。。
というもの,換えてその違いが私にわかるのか?
もしわかるのなら,好みの方向にしようかな・・・と。

So1_2

So2_2

とまあ,ほんとはmuse02とかmuse8920なんかを考えても良かったんだけど,
とりあえずはOPA系などをためしてみた。

で,私の耳&安価なイヤフォンででも違いや傾向の差がいくつかはあったように思ったので,それはそれで良かったかなと思う。ま,その中身については,そのうち載せられたらとは思っているのだけど,とりあえずはiBasso純正のものでは無いものが私の好みだったのでそちらにした。

So4

So5

上画像左の青いものがもともとオプションで同梱されていたもので,今回試したものの中で気に入ったものが上画像右側になる。違いや好みができるだけの変更だったので,今回のオペアンプ交換は,お金を使って良かったなということになった。

ついでに,我が家の小ザル君のシステムも,先日作っていたFET差動式アンプに倉庫で眠っていたDAC101(今は無きナカミチ,もう私の中では高級すぎてこれしか買えなかった。それよりカロのXの方が安いくらいのイメージ。ほんとにお金無くて買えなかったので・・・)を,これまたAVアンプの横で眠っていたオンキヨーのドックにつないで渡した。

Snewsys1

そのまま,iPodTouchのドックケーブル経由よりは,クリアな音源になったはずと思う。

当分は,これでいいかなと(私も小ザルくんの環境も)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »