« S3αにinvisible shieldを貼った。 | トップページ | LT22iのリフレッシュ! »

2013年2月 9日 (土)

iPodTouch4のリフレッシュ!

発売後すぐに購入したiPodTouch4。地デジのドラマやドキュメンタリーを見るのが主な用途でほんとによく使い倒してきた。
でもバッテリーが弱くなり,連続で再生なら3hもたなくなり,アプリを使うとほんとにみるみる30%までバッテリーがすぐ減ってしまうようになった。
で,,,iPodTouch5の購入を検討した(ちょうどiOS6.1で今なら脱獄できるまたとないチャンスだし)のだけど,結局ビデオ出力がHDMIでのみしかサポートされて無く,RCA端子からアナログでビデオ出力ができないことが致命的で購入をやむなくあきらめた。

ならば,新しいiPodTouch4をと思ったけど3ヶ月前に比べてすでに2万円近く(32G)してしまう。中古で購入するくらいなら,かなりの確率で壊してしまうだろうけどま,とにかくバッテリー交換をすることにした。

アマゾンで1980円くらいでバッテリーの交換セットを購入。

Sr2

とりあえずの手順は,,,
1)まず軍手を左手にして,ドライヤーで液晶上面の周囲をかなり熱くなるまで暖める。
   (バッテリーは完全放電の状態にしてから)
2)バッテリーに付属の道具(幅細い方)でホームキーあたりの液晶ガラスと1mm程度の黒ベゼルの間にさしこんで隙間を空ける。そこが幅広く開いたら広い方の道具を差し込んで,あとはゆっくり両面テープをはがしつつ,液晶を外していく。
 ただ,液晶正面左側にアンテナ?の部品がひっついて切れそうになったり,もともとはずれないフィルムの配線があったり,液晶と本体をつなぐコネクターを外したりと,とにかく液晶上面はそっとのぞき込むようにしてから本体と離すようにして,とにかく部品を引きちぎらないように十分注意した。

ま,これであとはバッテリーをはがして,上画像の状態になる。
あとは,バッテリーを付け替えるのみ。

3)新しいバッテリーを,基板は外さずによこからフィルム線をとおしたら30Wの半田ごてで半田付け。周りの部品をこてで溶かさないように十分注意しながら作業した。

Sr3

4)あとは,元通りにする。これが結構微妙だった。
 私の場合は,液晶と本体をつなぐコネクターをかちっとうまくはめられず,電源入れても真っ白の液晶になってしまい,最初は,壊したか!とだいぶ思ったけど,自分を信じて(意味不明)なんどかトライしてうまく液晶が表示されるようにコネクターをつなぐことができた。
初代iPodTouchも電池交換したけど,今回よりは簡単だった。

5)ということで,無事に使えるようになった。本当にバッテリーが減らなくなり,ストレスも皆無となった。iOS6.1に上げるか迷ったけど,動作がさらに遅くなる可能性もあるので,やっぱりそのまま使うことにした。(iPhone4Sは上げた方が最適化されるのでしょうね。きっと)

Sr1

6)最後の仕上げとして,色が微妙に変わってきて,隙間にゴミが入ってきて,きれいで無かった裏面のインビジブルシールドを貼り直した。もちろん,液晶保護シートも新品に交換。もうまっさら状態で,きもちいい。(アマゾンで保護シートは148円で購入)

でも,ほんとにうまくバッテリー交換できてよかった。かなりひやひやの作業だっただけに成功してよかった。

|

« S3αにinvisible shieldを貼った。 | トップページ | LT22iのリフレッシュ! »

スマートフォン関連(Xperia iPhone)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/56733834

この記事へのトラックバック一覧です: iPodTouch4のリフレッシュ!:

« S3αにinvisible shieldを貼った。 | トップページ | LT22iのリフレッシュ! »