« 快適すぎる夜ジョグ・・・ | トップページ | わんこのお洗濯&今週も走るLSD(5) »

2012年9月21日 (金)

DX100 (iBasso) のroot取得&フォント変更もやっちゃいました。

20120923081431_2

20120923081738

(中華フォントのまま)        (今回のフォント変更後)

Xperia P (LT22i)のroot取得とフォント変更がすんなりできてしまったので,逆にDX100が
そのままの中華フォントになっていることに我慢できず,変更してしまいました。
(ということでいつでもできるように自分用に覚え書きとして残しておきます)

まずはroot権を取得しますが,この時点でメーカー保証はなくなりますので十分に考えた上で自己責任で,えいっとやってみます・・・)

superoneclickでいとも簡単にできてしまいました。
(私のPCは以前にもこのソフトをつかったことがあり,NET Framework2.0もインストール済みだったので,すんなりとSuperOneClickが起動してくれました。)

1) DX100の設定で,開発者用のところの, USBデバック と スリープモードにしない にチェックを入れる。
2)PCと接続し,SuperOneClick (今回使ったのはV2.2.3)を起動し,上のRootをクリック。
3)スムーズに終了するはずです。

S05

こんな感じで,無事にすっと終了できました。

つぎはフォント入れ替えです。以降は,こちらのLT22iと同じようにできますので,,,

4)ESファイルエクスプローラで,rootまで見えるように設定を行う。

5)追加したいフォント(私は,MTLmr3m.ttfにしました)をダウンロードし,とりあえず
 SDcardのtmpフォルダにコピーしておく。フォントファイルは私は,こちらからダウンロードしました。

6)ESファイルエクスプローラーで, /System/fonts/ のフォルダにコピーする。
そのまま,MTLmr3m.ttfのプロパティーで,書き込み等の設定をした画像のように変更。

20120923081100_2

20120923081107

7)あとは名前を変更して・・・

20120923081233

20120923081251

8)再起動すれば,,,できあがり!

これで気持ちよく使えるというものです。

いま,長年使ってきたオーディオ関連の環境を変更中。

EAC+LameでMp3の200Kbpsあたりのファイルですべて使ってきたけど,このDX100を
使うようになってきたので,ロスレス関連に手を出すことにした。
とりあえず,DX100のプレーヤーとXperiaPのPowerampはアップルのロスレスファイルを
再生できることがわかったのでお気に入りのものは,ロスレスに変更。
DX100の24bitファイル再生も試したいので,我が家に残っているSACDのディスクから
PS3を使ってファイルにリッピングして聞いてみる。
EACでCDのイメージを残していたけど,うまく仮想ディスクにできなかったけど,それも
うまく使えるようになったので,それらからお気に入りの曲をロスレスにリッピングやりなおし。
あたりをこれからぼちぼちやってみたいと計画中。

↓↓↓とにかく,やせるまでLSD続けます・・・。暑くても,涼しい秋が来るまでには真面目に走ります。 confident

ブログランキング・にほんブログ村へ

  にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ

|

« 快適すぎる夜ジョグ・・・ | トップページ | わんこのお洗濯&今週も走るLSD(5) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/55730757

この記事へのトラックバック一覧です: DX100 (iBasso) のroot取得&フォント変更もやっちゃいました。:

« 快適すぎる夜ジョグ・・・ | トップページ | わんこのお洗濯&今週も走るLSD(5) »