« H67でビデオカードを使いつつ内蔵GPUでQSVエンコードが使えた! | トップページ | お花見サイクリング(1回目) »

2011年4月 5日 (火)

QSV(SDK)での動画エンコードが速すぎる!(i7-2600&H67set)

2012年5月時点で最新のi7-3770K+Z68でのリサイズのレビューを載せました。
2600Kの時よりもさらに高速になりました。記事はこちらです。

----------------------------------

はじめに、内臓GPUとPCIにさしたビデオボード(HD5850)との共存環境でQSVエンコードをする設定についてはこちらで紹介しています。

地デジやBSを録画したものをiPodTouchで見えるようにMpeg4(480*270サイズ)にリサイズして保存している。今までなら,このリサイズ&エンコードに実録画時間の3分の1から4分の1の時間が必要だった。

例えば,15分の地デジのTS録画ファイルが約500Mバイト。
 それをTMpegEncMovieStyleであれば,上記のリサイズ&エンコードに約5分47秒必要だった。
(i7-860 2.8GHzノーマルで) また3.7GHzにオーバークロックした場合は4分39秒必要だった。

*では,H67の特徴である内蔵GPUを使ってのハードウェアエンコード(QSVとかSDKと表現されている)による時間を比較してみる。(とにかく私が使っている設定にしての場合)
 まずはCyberlink MediaEspresoによるもの。(体験版はこちら。)

Movie38ghz

Movie28ghz

これが,ほどほどのよく似た圧縮率になるようにエンコードした場合,最速で1分44秒
 いやほんと,嘘じゃないんです。クロック比で単純に考えるとゆうに8から9GHzまでオーバークロックしてもここまでの速度でエンコードできるか?ということになりそうです。
(ただ画質を問わない場合で,こまごまセッティングもできないこだわらない仕様でというこことですが,私の場合はtouchで見て差に気付かないレベルであったので十分OKです)

この1分44秒というのがMediaEsperssoで高画質設定にしてQSV(内蔵GPU 利用)でエンコードしたもの。画質にこだわらず高速設定にした場合は1分14秒と訳の分からない,ほんとにエンコードしたの?っていう時間で終了してしまう。15分ドラマを74秒でエンコードなので約12分の1の時間でエンコードが完了した計算になる。もう,画質にそんなにはこだわっていない私としてはx264のソフトウェアエンコードには戻れない体になってしまいました。

Mediah673high

Mediah672

今まで使っていたTMpegMovieStyleでMpeg4のファイルが約140MB。
上記のエンコードで高画質のものが約125MB,高速設定のものが約96MBだった。
高画質設定にしても,画質は間違いなく落ちているけども私はそんなに気にならない。エンコード時間の短縮がやっぱりありがたいので,これからはこのモードで使っていくことになりそう。

Files

movieというのTMpegEncMovieStyle。mediaがCyberLinkのMediaEspresso。masterがTMpegEnc VideoMasteringによるエンコード。x264がソフトウェアエンコード。QSVが内蔵GPUによるハードウェアエンコード。いままで使っていたものが約140MBなので,まあ125MBでも気にならない程度の差かなとは思う。

 次にTMpegEnc VideoMastering works5によるエンコード。(体験版はこちら
素人の私には設定が難しくて,同じ条件でのエンコードにすることができないのだけど。

Masterh67vbr  Masterh67x264

とまあ,これもハードウェアエンコードなら半分以下の時間でエンコードが終了。
このTMpegEnc使いこなせる方ならQSVを使ったエンコード,魅力的!

(MediaEspressoの設定の覚え書きを少しだけ)

Mediah67sethigh

Mediah67set

P67にしてクロックアップするか,H67にして内蔵GPUによるハードウェアエンコードにするか,迷ったのだけど,これにして本当に良かったと思う。

 

↓↓↓あたたかくなりました。いよいよ春本番! 前を向いてすこしずつ走っていきたいと思っています。confident

ブログランキング・にほんブログ村へ

  にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ

(2011.04.09追記)
体験版(MediaEspresso6)にてフルハードウェアエンコードをした際にitunes内とiPodtouchで再生できない(単体でQuicktimeでは再生できる)ものがありました。
いろいろと設定を変えつつ試したのですがフルハードウェアエンコードでは結局うまくそのm2tsファイルではうまくエンコードできませんでした。(QSV使わなければOKでしたが)

しかし、製品版の最新バージョン( CyberLink_MediaEspresso6.5.1515.36408)を購入し、体験版ではうまくエンコードしてくれなかったm2tsファイルを試したところ、あくまで私の場合に不具合がおきたファイル2つに関してでですが、itunesやtouchで再生できるものが作成されました。とりあえず、体験版を使っている方の参考になれば。

|

« H67でビデオカードを使いつつ内蔵GPUでQSVエンコードが使えた! | トップページ | お花見サイクリング(1回目) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/51320720

この記事へのトラックバック一覧です: QSV(SDK)での動画エンコードが速すぎる!(i7-2600&H67set):

« H67でビデオカードを使いつつ内蔵GPUでQSVエンコードが使えた! | トップページ | お花見サイクリング(1回目) »