« VMAX 1700 のハイスロを組みました。 | トップページ | パワーコマンダー5 (for VMAX1700 取付編) »

2009年7月 8日 (水)

VMAX1700のEXUPを固定しました

昔,FZ750が出た頃,本当に限定解除して乗ってみたいバイクだった。価格が約75万くらい?だったと思うのだけど(国内仕様)ほんとに欲しいし,免許も解除したかった。そのときに,マフラーの集合部にEXUPなる排気デバイスが付いているのは知っていたのだけど,当然VMAX1700にも付いている。 MAX-Tuneさんによると,ここで書いているように動作点周辺で空燃費がうまく調整できない場合があるらしく,常時開いた状態(中~高回転域の状態)に固定してしまった方が良いようだ。 

ということで,まずリヤシート&リヤサイドカウルをはずします。
Sexup1Sexup2

もちろん,クイックリリースピンにすでに交換済みなので,簡単にリヤシートをはずせます。リヤのサイドカウルもここの要領で簡単にはずせます。リヤの右側にEXUPのモーターユニットがありますので,それにささっている四角いコネクタをはずします。

Sexup3_2Sexup4

evoluzioneから取り寄せたEXUPキャンセル用のコネクタ(左画像)を,先ほど抜いたコネクタにさしてフレームに付属の両面テープで固定してしまいます(右画像)。

次に,チャンバー内のEXUPにつながっているワイヤーを取り外します。場所は,右側のマフラー付け根(チャンバー横)部分です。そのタイコ部分の動きは,VMAX Guruによると以下のような動き(下画像左側)になるようです。
Sguruexup_2Sexupco

このEXUPには,あらかじめバネが内蔵されています。タイコ部分からワイヤーを取り外すとEXUPが開いた状態(4500rpm以上の状態)にそのバネで固定されます。私のVMAXもワイヤーを上右側画像のように取り外して,手を離すとOpenの状態に固定されました。

その後,すぐにEXUPが開いた状態と閉じた状態で音に変化があるか?を聞き比べましたが,私の場合は・・・よく分かりませんでした。 まっ,いいか!っていうことで(^^;
一応,ムービーも撮ってみました。(手で反時計回りに回しきった状態が閉じた状態です)


これで,いよいよダイノジェットのパワーコマンダー5を組み付ける段階になりました。私の中ではとにかく5000rpm以下で気持ち良く使えるようなものにしたい(それ以上は,きっと違いがわかるだけの余裕はないだろうし,今気になっているのは3000rpm周辺のリニア感と4000~6000rpmでのトルクの上乗せ)なので,それなら慣らし中の走行が800Kmを越えた今(レブリミットを4500~5000rpmに引き上げた今)でも十分違いがわかるはずです。

すでに100Kmほどをハイスロットルに変更して走りました。低開度で使ったとき,3000rpmあたりは期待していたほどの変化はありませんでした。4500rpmを越えると,だいぶ気持ち良く加速はしてくれています(でも,がばっとはスロットルを開けてはいませんが)。

一気に,いろんな部分を変更するのでなく,あえて違いが自分に分かるのかを感じながら,今回は一つずつ変えたら100Km程度走ってという形で楽しみつつ,変えてきています。まだYCC-Iは取り外していません。エアクリーナーボックスの吸入口はひろげていますが,逆に今の状態はYCC-Iのファンネルの手前2つが抵抗になっている状態です。慣らしが終わって全開にするようになってしばらく走ったあとで,取り外してみてその差が自分に分かるかどうかを試してみようとは思っています。

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

|

« VMAX 1700 のハイスロを組みました。 | トップページ | パワーコマンダー5 (for VMAX1700 取付編) »

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/45939889

この記事へのトラックバック一覧です: VMAX1700のEXUPを固定しました:

« VMAX 1700 のハイスロを組みました。 | トップページ | パワーコマンダー5 (for VMAX1700 取付編) »