« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

うまっ!

Stako1 Stako2

上画像(左)が,ほんとにおいしかった! 甘辛く煮詰まった鶏肉が入ってます。これを醤油をぬり,さっぱりと食べます。やきそばも,一般的な麺より太麺でうまかった! 締めはかき氷で。(^^;

夜は,ジムに行きました。外を5Kmほど走った後,腹筋,背筋,側筋,ステアマスター(10分)程度を大体40分くらいでこなした。いつまで続くか・・・,とにかく目標は週3回通うことです。

おきまりの 『うちのわんこ!』 です。(^^;
                  0728

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

今日からジム通いの3ヶ月!(雨中ジョギング行ってきました)

これから3ヶ月は,ジムに通うことにしました。 プールも数年ぶりに泳ぎ,腹筋&背筋&側筋をしっかり鍛えようと思います。 ただでさえ去年の同時期に比べて1/3くらいの距離しか走り込めていないというのに・・・,ジムに行く時間が捻出できるかどうか? 運動できないかも・・・という不安の一方で,ジムのお金(15000円もしました!!)がもったいなかったら,元とるまでは続けるだろう・・・というのが私なりの結論でした。
どうなるかわかりませんが,ちょっとは昨年くらいの体型にもどればいいなあ,ともくろんでます。

今日は,3Km走った段階で,雨がどさーっと降ってきました。10分ほど雨やどりしましたが止みません。 結局2人でぬれて帰ってきました。途中から相方が走るたびにくつに水がはいってるので,『くっちゃ,くっちゃ!』という音が聞こえてきて,気の毒にも思えて,明日は我が身?とも思いつつ(^^; 水たまりがありそうな怪しい箇所は,じっくり歩いて,なんとか乗り切って帰ってきました。 
今年初めてのとんぼが飛んでいるのをみました。梅雨明けせずに,秋になるのでしょうか・・・まだ今年は一度も海に行っていません。SKIMボードも倉庫で眠ったままです・・・

とりあえず,文だけでは寂しいので,おきまりの わんこの画像を貼り付けておきます。
いい感じで眠ったものが撮れました(もうちょっとふわっと撮りたかったですけど)。

Simg_8364

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

湿度95%?(いわゆるほとんど雨・・・柴犬も元気!)

久しぶりに夜ジョギングに行ってきました。
あたりは水たまりもあるので,注意しながら,,,途中で雨もぱらぱら。
湿気もたっぷりにじとーっとした中でのジョギングでしたが,ほんとに久しぶりでした。
3Kmを越えた頃から少しだけ楽になり,まあ,なんとか,ぼちぼち,帰ってきました。

わんこもだいぶ長くなったような?気がします。
      

          Simg_8339_2
Simg_8348_2 Simg_8331

                    でへっ! カメラ目線です。はい。
                                           (Tamron 60mmMACRO F2.0 1/40 ISO1600)

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

わんこ続きで・・・(うちの柴犬)

雨が続きます・・・, ちっとも走っていなくて良くないとは思ってますが,差し迫ったレースが無いというのもやっぱり一因かとも思います。雨なら,水泳なり,ジムなりがあるのにそこも避けてしまっている自分がちょっぴり情けなくも思えてきます。

とりあえず,わんこ続きで。 だいぶ,一緒に遊べるようになりました! (^^;
Snene07223 Snene07222

ちょっぴり男前?(といってもわが家では数少ない女の子ですけど)
              Snene07224_2
              (Tamron60mmMACRO, F2.0  1/60 ISO1600)

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

いっちょまえに・・・(うちの芝犬)

       Snene0721
いっちょまえに,まくらをして寝てます・・・

うちの小猿(といっても小学生ですけど)たちも,この真ん中がへこんだ枕で大きくなりました。とうとうわんこまでこの枕を使うことになるとは,,,何も教えてないのにたまたまこのように寝てました。もう,びっくりです(^^;

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

豆しば VS うちのわんこ

Smame1 Snene07201

(ゲーセンで入手した 豆しば)      (いっちょまえに見えるけどチビのわんこ!)

わが家のわんこも生まれてからすでに50日近くが過ぎつつあります。最近,気になりだしたのが,お風呂どうしよう・・・ なんです。昔は夏は特に裏庭で水道ホースを使ってばしゃばしゃ洗ったものですが,やっぱりちゃんと乾かす必要があると思うので,,,どこかお店探してシャンプーしてもらうようにします。                           

              Snene07202

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

じゃーんっぷ!

               Snene07161_2
                               (タムロン60mmMacro F2.5 1/100 ISO1600 )
飛び込み台に立つ,わが家のわんこ君! これからどのような演技をみせてくれるのか?  (^^;

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

うちのわんこ!

S07161

うちの小猿(下の子どもです)が両手に持った状態です。今日はばんざい!でなく,前足がまがってます・・・(^^;

母犬と一緒のおおきな器に入った夕ご飯をばくばく食べて,あとは,えさ箱や母犬の後ろ足や,ゲージにかみつく・・・かみつく・・・じゃれる・・・じゃれる・・・状態です。
まるで雄犬のように落ち着きがありませんが,それも子犬らしく,見てるだけで楽しいものです。(^^; この調子でしっこしてもかわいいのかもしれません。

               S07162

ちょっと,凛々しい表情です。
こうゆう写真もあってもいいなと。 ピントが目でなくて鼻にきてるようですが・・・
今度は,40DにフォーカシングスクリーンEF-sをつけて撮影してみます。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

あおぞら!

            Ssora0715
暑いです。でも,毎日,ちょこっとずつ走っています。ほどほどの短い距離なので,暑いですが疲れが残るほどでもなく,休息日を入れなくても毎日走れます。
夏らしいイメージで,青空の写真を撮ったのですが,実際に走っているのは完全夜ジョグです。走り始めが20時前で夕飯が21時すぎというのが最近の日課になりました。

『わが家のわんこ!』シリーズです。
Snene07151_3   Snene07152

ねっ! だいぶしっかりしてきました。しっぽももちろん,ふりふりですし,足も太くなりました。完全に子犬!です。(^^; でも外の散歩につれだせるのは,,,まだ2ヶ月はかかるのでしょけど・・・,そのときが楽しみではあります。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

『四国地方,梅雨明け!』  だったらいいなあ,,,

『四国地方,梅雨明け!』  だったらいいなあ,,,と一応,ひまわりの写真からはいります!
               Simg_7937

それにしても,思いっきり暑くて,晴れてて,つゆあけちゃうん?って思えるような一日でした。昼過ぎの帰りの車では・・・外気温が37度になってました。(帰宅して駐車場に停めたときの温度です)
                 Satui_2

今日は,ひさしぶりに夜ジョグにでかけてきました。18時をすぎても,まだまだ空気がもわっとしてて,暑いんです。結局19時30分過ぎの暗くなってから出発しました。いつも日課のように走っていた往復7Kmのジョギングコースも,すでに走らなくなって2週間以上過ぎました。久しぶりで,しんどかったです。(^^; ま,でも,40分でかえっては来たんですが・・・

去年の今頃は,出勤前に4Km,帰宅後の夜に7Kmを週5回ほど走ってたんですけど,今年は右のジョグノートのグラフを見てもわかるように,ぜんぜーーん走れていません。

ドカティのストリートファイター,試乗できるようでした。前を通ってたら,ナンバーがついてて,前に展示してあったので,つい車を横付けして写真だけ撮ってきました。時間できたら,もう一回あのお店に行って試乗してこようと思います。(^^;
Srear1_2      Sfront2_2
その昔,ホーネットというバイクが新発売されたとき,異様にリヤタイヤが太くてびっくりしたものですが,これもそんな感じで,今回は見た目だけでなく,パワー的に本当にこれくらいのタイヤが必要なんでしょうね。(解除したら155馬力ですし)

            Sside1
またがっていないので,良くはわかりませんが,GSX-Rのようにやっぱりこれも腰高なポジションなんでしょうか・・・(^^;

ま,明日も夜ジョグできたら,走りたいな!と思いつつ今夜は寝ます。

Sm1000
ストリートファイターを見つけたのをきっかけに,24時間試乗キャンペーン,申し込んでみようかな!なんて思い始めた自分がいます。  でも,今日のような天気なら,くらくらするくらい暑い!ので,この日射し&高温の中,バイクに乗ること自体,無謀!です。夜はジョギングがあるし。(^^

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

凛々しくなりました。うちのわんこ!

                S07092_2
だいぶ大きくなりました。しっぽもふりふり!で,ころころと元気に走るようになりました。
子犬らしい動きが目立つようになり,うれしいかぎりです。(^^; ほんと,5日たつと顔が変わっていくので,子どもの成長日誌ではないけど,速いペースで大きくなっています。

S07091
脇をもつと(下の子どもが持っています),このようにばんざいをします。なすがまま!です。(^^;

                                                   S07093_3
最後に,親子での記念写真です。
今日はFinepix F200EXRで撮りました。フラッシュを使わないようにとも思ったのですが,夜だったので仕方なくこのようになりました。ま,これならぶれようがないのでそれはそれでいいですけど。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

『腹,出た?』

ここ数日で,複数の人から・・・ 『腹,でた?』とはっきり言われてしまいました。

まあ,そりゃ,2週間も走らなかったら,はらもでるわなあ・・・
(体重は,変化なしですが,筋肉が減ってるんだろうなあ・・・?) と。

なんとか,仕事も落ち着き,ひさしぶりに今日はジョギングする時間が取れました。
19時ごろから走り始めましたが,まだまだ十分暑かったです。でも,とりあえず気持ち良く汗がかけました。

とまあ,これだけなら寂しいので,,,サザエさんの頭を載せておきます。(^^;
          Ssazae

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

Auto-tune接続について(覚え書き&リンク)

Auto-tune接続について、自分用の追加の覚え書き&リンクですので、ここに載っている情報は、あまり信用しないでください。

PCVとAuto-tuneはcanケーブルで接続するけど、どちらのポートでもOK。ただし、使っていない方の端子にはcanターミネーションを刺す必要がある(下画像)。 私の場合は、これを刺していなかったために約半月、悩みました。(AF値の表示が、いつも0.00で動かない状態。そのまま説明書を読むとO2センサーの故障か、接続ケーブルが断線しているということになるのだけど、Autotuneをはずしても表示が9.99にはならなかったので、よけいに不思議だった。ターミネーションをつけると、あたりまえのようにAF値を表示した。)

Scan2Scan1

で、主にAuto-tuneの設定関連のリンクの覚え書き

 ・スロットルセンサー(TPS)信号電圧が変動してしまう場合のDigitalGroundについて

 ・スロットル微開時にAuto-tuneを無効にしてセッティングしていくTips

 ・PCV と Auto-tune のインストールからセッティングまで一連のスレッド

(アイドリング時に、スロットルをあおって、開度を100%にもっていった際のTPS電圧は、エンジンをかけていないときが1.89Vだったのに対し、約2.11Vだった。)

Sautotune0

                                            (2009.08中旬)

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PCV(その後) & AutoTune for VMAX1700

ダイノジェットのパワーコマンダー5(略してPCV)のインストールその後と、PCV専用の空燃費計AutoTuneのインストールをしました。

まずは、PCVのインストールの続きです。
1)スロットルセンサーの電圧のキャリブレーション(続き)
  スロットルセンサーの電圧のキャリブレーションが必要だったのですが、エンジンをかけているときと、止めているときでは結構(0.1V程)電圧に差がありました。少し、微調整をしました。私の技術では、0%と100%はきっちりあわせても、VMAX本体での開度50%で、PCVの開度が50%にきっちりあいませんので、やや調整が必要な状態。

2)各ギヤに対応したマップを使うための処置
 ECUからスピードセンサーの信号をPCVに引き込む必要がありました。別の日のブログに自分用の覚え書きとして残してはいます(ネタ元はStarMAXのページ)が、正式なものでないので信用しないでください。(^^;
 具体的には、スピードのパルス信号を取り込むための線をつなぎ、ノートパソコンをつないで、スピードのキャリブレーションをおこなう(30マイル以上で。私はとりあえず時速50Km/hでするために31.25マイルで行いました)。 続いて、ギヤのキャリブレーションを行いました。各ギヤで定速度で走りながらキャリブレーションのボタンを押します。 これで、速度がPCVに入力され、そのときの回転数からギヤがPCVでわかるようになりました。
 これで、各ギヤに応じたマップを使い分けることができるようになりました。

Sautotune1_3

とまあ、こんな感じで線をPCVとつなぎました。 同時にAutoTune用に学習のOn、Off用のスイッチもPCVにつなぎました。(が、すぐAutotuneは外し、マップ切り替え用のスイッチとして使用するようになりました)

さらに、O2センサ自体を熱くする必要があるために、センサー自体にもそこそこ電流を使うようなので、R-ECUにつながっている、キーに連動した+12Vの線を使うのではなく、リヤのスモールライトにつながっている線からAutoTune用の+電源を取るように、すぐ変更しました。(茶黒だったような・・・テスターで要チェック)
Sautotune3_2So2_2
上画像左がAutotune用電源です。 右画像は、付け替えたワイドバンドO2センサーです。
もちろん、O2センサーを取り付ける前に、センサーの動作チェックを行いました。AutoTuneの電源を1分程度入れた状態で、ボタンを3秒ほど押すと、海抜高度に応じてセンサーが点滅します。その動作確認をすませてから、組み込みます。(^^;

ま、しばらくはAutoTuneは空燃費をみるためだけのメーターとしての用途に限ってつかうようにしますけど・・・。 マップを2種類用意して、自分の感覚のチェックと、とにかく3速2500rpmから4000rpmにかぎってスロットルの微開にリニアに反応するように、どうにかいろいろマップ変更をしていくつもりです。 今はやっぱりTL1000に乗り換えたら、びっくりするくらい荒っぽいスロットル動作になってしまっている自分にびっくりするんです。そのくらい今のVMAXのスロットルの開け始めははでに開けないと反応しないようです。(もちろんスロットルの遊びは最小限にしてありますが) そこだけが、私の中で、VMAXで変えたい一点です。(^^;

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VMAX1700 + pcV 試走編1

雨もあがり,やっと試走できる時間がとれました。 それにしても,昔はアクセル開度をみるためにスロットルにテープとマジックで印を付けて,加減速を繰り返したものですが,このVMAXは,スロットル開度(あくまで実際にはECUが管理しているので入力の見せかけに過ぎないけど)を有機EL画面で見えるのは,なかなか便利でした。

今回の試走は,4速2500rpm(約63Km/h)巡航で車の後ろから,そのまま加速して追い越す・すり抜けるという場面に限っての変化を見ました。アクセル開度は,有機EL画面では,0%~100%をちょうど20等分しているので,ひと目盛りが5%という計算になります。
(国内完全Stock状態時,ハイスロもなにも変更していないとき)
スロットルをぐっと握る感じで加速しようとしても,一瞬遅れて加速&加速もあまりしない感じで,もたつくように感じるときがあった。アクセル開度は,VMAXの有機EL画面で,巡航時は0から5%,加速時は10から15%くらいのアクセル開度だった。

(RaceECU & Maxチャンバー & ハイスロ & 高効率エアフィルタ & pcV)
アクセル開度は,VMAXの画面では,巡航時0から5%で,加速時は25%前後だった。やはりハイスロのおかけで少しだけ,いいあんばいで多めにアクセルを開けているようだ。 ハイスロのみ装着し,pcVで燃調を補正していないときは,同じアクセル開度でも4速2500rpmで巡航状態から加速しても,すこしタイムラグができて,かつもう少ししっかり加速して欲しい(要するに国内Stockとそんなに変わっていない)ように感じた。
しかし,pcVで燃調を補正した状態では,同様にアクセルを開けたとき,その瞬間からぐっと加速を始めてくれるように感じた。TL1000やM900等に比べて,そのような軽さや,ぽーんとはじけながら加速し始める感覚ではないけれど,ぐーっと加速をすぐに始めてくれる感じで,自分としては,やっと許容範囲に収まってくれたように感じた。
pcVでのマップは下の反転しているあたりになるはず。
S
3ないし4%だけ多めにする設定になっているようだ。

次の段階は,全開で加速したときー>AutoTuneを付けたとき になる予定です。
右側マフラーをはずしたらO2センサーをはずせそうなので,作業自体は簡単にAutoTuneがつけられると思っていますが・・・もうしばらく走ってからにしようと思います。
                                                                                               (2009.08中旬)

*追記!!
 まずは、ギヤ別のマップを使うためには、ECUからスピード信号をPCVに入力する必要があること。
 スロットル開度(TPS)信号は、電圧でPCVは調べるが、その電圧がアイドリング時とエンジンが止まっているときでは0.3V程度異なっているので、スロットル開度が実際と異なる可能性がある。 この点については、Starmaxのブログでも記載があったように思う。


VMAX1700関連Topページはこちら 

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーコマンダー5 (for VMAX1700 取付編)

一つずつ,あちこち変更しながら今までその違いを楽しみながらやってきました。
MAX-Tuneさんでチャンバー&マフラー加工。Race-ECUに変更。
エアクリーナーボックスの開口部分&エアフィルタ変更
ハイスロットルへの変更
EXUPのキャンセル
などです。
一連のブログに書いてある私のVMAX1700の記事は,基本としては自分用の忘れないための覚え書きです。インストール方法も正しいかどうかは保証できないので,あまり参考にはしないでください。(なのであえて日付を見えにくい位置にいれてあります。)

今までにevoluzioneから3回も個人輸入することになりましたが,今回のダイノジェットは電子部品なので,おおざっぱ?なUSAから購入した場合,返品交換がまずいので,できれば国内代理店での購入が望ましいと思います。    が,ハイスロを購入するついでだったので,価格面での差額が魅力になって,後先考えずに一緒にパワーコマンダー5(以下pcV)とAutoTuneを発注してしまいました。 送料はだいたいこのくらいだと1回に$40くらいです。
              Spcv1

では,pcVを取り付けます。コネクタをつなぎ変えて,バッテリーのマイナスに電源をつなぎ,1本だけ信号を取り出し,O2センサーを外したらおしまいです。作業自体は簡単です。

まずタンクカバーを取り外します。
Spcv2Spcv4

次に説明書通り,コネクタをはずして,pcVのコネクタを間に挟む形で差しかえます。
Spcv6Spcv7

で,ECUのコネクタの左側の線の1本から信号を取り出し,バッテリーのマイナスに電源をつなぎます。
             Spcv8

あとは,コネクタ類の位置をきれいに整理します。次は,O2センサーを外すために右サイドカバーを外します。
Spcv9Spcv10

上左画像で○で囲んだ部分がコネクタをはずしてつなぎ変えたものです。矢印部がpcVに付属していた部品です。あとは,この部品を両面マジックテープでフレームに固定して作業は終わりです。上右画像のように,シート下にpcVを配置しました。

次は,エアフィルター部分の変更です。いままでは燃調を補正しないので,下左画像のようにしていました。
Sair14_2Spcv14
それを上右画像のように外した状態にすることで,より多くの空気を取り入れるようにしました。全開でしばらく走った後にYCC-Iのファンネルは外す予定です。(全開での怒濤の加速の中,その違いはきっと私には分からないと思うので,一緒にファンネルも外そうかと思ったのですが,自分ですれば工賃かかりませんし,ま,余分に一回いじる楽しみの残せると言うことで,今回は開口部だけの変更に留めました)。

そうそう,このエアフィルターがするっと開口部分には入ってくれないんです。下画像のように上から押しながら斜めに押し込むと簡単にするっと入ってくれます。
              Spcv13

で,外したタンクカバー等を元通りにもどして,いよいよpcVのセットアップに入ります。
Spcv15Spcv16



昨夜の段階で,ノートPCにはあらかじめpcV用のソフトをインストールし,pcVのファームも最新のものに更新し,さらにネットで入手したpcV用マップ(evoluzioneのエアフィルタ&開口部モデファイ&RaceECU&EXUPキャンセル状態用)をpcVにインストールしてあります。

まずは,pcVのスロットル調整(キャリブレーション)を行います。
VMAXのキーを入れて水温が上がり,アイドリングの回転数が1000rpmあたりに落ち着いたことを確認してエンジンを止めます。再度キーを入れてタコメーターの動作チェックが終わるまでの間はスロットルセンサーからの電圧が表示されるので,まずは全閉時の電圧をチェックします。私の場合は0.69V前後でした。次に有機EL液晶でスロットル100%の状態を確認し,スロットルの位置はそのままで,再度キーを入れ直してスロットルセンサーからの電圧を測ると私の場合は1.91Vあたりでした。(これ実際より低めに入れると急峻に立ち上がる直線になるのかなあ?ま,そのままの値にします)

エンジンをかけてみて,うまく動作するか確認します。pcVの動作LEDもちゃんと光ってくれています。軽くスロットルをスナッピング(あおる)と,あきらかに以前の状態よりもタコメーターが素早く上昇し,軽い吹けあがりを見せてくれました。(おもわずにんまり!です(^^;)
Spcv17Spcv19_3Spcv18_2

アイドリング時は上左画像のようにギアは一速扱いのようなので,マップは中央画像のようです。緑で囲んだあたりが影響しているのかなあ?よくわかりませんが・・・。
気になっている4速2500~3000rpmでの動きがどうなるか?また4000~6000rpmで2ないし3速あたりの動きがどうなるか? が本当に楽しみです。
今回,ダイノジェットの設備を持っているお店にセッティングをお願いしようとも一瞬考えましたがネットでVMAX1700のpcV用のマップが数種類載せているのを見つけたので,とりあえずスタートラインのマップがあるのなら,あとは自分でいろいろいじってみようと思いました。
10年以上前にTMRやTDMRのセッティングを自分なりに出した際の記憶を思い出しながら,スロットル開度別に,濃すぎるとかうすすぎるとか,気温などを考えながら,何度もこれから遊べそうです。(^^;
また,これをきっかけにpcV用のマップをいろんな方と交換して,その変化が自分に分かる範囲で楽しんでみたいと思っています。ただ,このネットで公開されているマップには,-10とかマイナス補正も結構多くはいっており,個人的には少し不安だったりしますが(^^;
もっとも,それをAutoTuneで設定した空燃費比に微調整することで,安全なマージンをとるというのが本来のあるべき姿なのだろうなあと想像しました。もちろんAutoTuneの設定用マップも公開されてますので,全開でしばらく走ったらAutoTuneもインストールする予定です。(^^;
                                       (2009.08中旬)

なお,pcV試走編1へ続く。  VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

VMAX1700のEXUPを固定しました

昔,FZ750が出た頃,本当に限定解除して乗ってみたいバイクだった。価格が約75万くらい?だったと思うのだけど(国内仕様)ほんとに欲しいし,免許も解除したかった。そのときに,マフラーの集合部にEXUPなる排気デバイスが付いているのは知っていたのだけど,当然VMAX1700にも付いている。 MAX-Tuneさんによると,ここで書いているように動作点周辺で空燃費がうまく調整できない場合があるらしく,常時開いた状態(中~高回転域の状態)に固定してしまった方が良いようだ。 

ということで,まずリヤシート&リヤサイドカウルをはずします。
Sexup1Sexup2

もちろん,クイックリリースピンにすでに交換済みなので,簡単にリヤシートをはずせます。リヤのサイドカウルもここの要領で簡単にはずせます。リヤの右側にEXUPのモーターユニットがありますので,それにささっている四角いコネクタをはずします。

Sexup3_2Sexup4

evoluzioneから取り寄せたEXUPキャンセル用のコネクタ(左画像)を,先ほど抜いたコネクタにさしてフレームに付属の両面テープで固定してしまいます(右画像)。

次に,チャンバー内のEXUPにつながっているワイヤーを取り外します。場所は,右側のマフラー付け根(チャンバー横)部分です。そのタイコ部分の動きは,VMAX Guruによると以下のような動き(下画像左側)になるようです。
Sguruexup_2Sexupco

このEXUPには,あらかじめバネが内蔵されています。タイコ部分からワイヤーを取り外すとEXUPが開いた状態(4500rpm以上の状態)にそのバネで固定されます。私のVMAXもワイヤーを上右側画像のように取り外して,手を離すとOpenの状態に固定されました。

その後,すぐにEXUPが開いた状態と閉じた状態で音に変化があるか?を聞き比べましたが,私の場合は・・・よく分かりませんでした。 まっ,いいか!っていうことで(^^;
一応,ムービーも撮ってみました。(手で反時計回りに回しきった状態が閉じた状態です)


これで,いよいよダイノジェットのパワーコマンダー5を組み付ける段階になりました。私の中ではとにかく5000rpm以下で気持ち良く使えるようなものにしたい(それ以上は,きっと違いがわかるだけの余裕はないだろうし,今気になっているのは3000rpm周辺のリニア感と4000~6000rpmでのトルクの上乗せ)なので,それなら慣らし中の走行が800Kmを越えた今(レブリミットを4500~5000rpmに引き上げた今)でも十分違いがわかるはずです。

すでに100Kmほどをハイスロットルに変更して走りました。低開度で使ったとき,3000rpmあたりは期待していたほどの変化はありませんでした。4500rpmを越えると,だいぶ気持ち良く加速はしてくれています(でも,がばっとはスロットルを開けてはいませんが)。

一気に,いろんな部分を変更するのでなく,あえて違いが自分に分かるのかを感じながら,今回は一つずつ変えたら100Km程度走ってという形で楽しみつつ,変えてきています。まだYCC-Iは取り外していません。エアクリーナーボックスの吸入口はひろげていますが,逆に今の状態はYCC-Iのファンネルの手前2つが抵抗になっている状態です。慣らしが終わって全開にするようになってしばらく走ったあとで,取り外してみてその差が自分に分かるかどうかを試してみようとは思っています。

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VMAX 1700 のハイスロを組みました。

スロットルの低開度域でのレスポンスアップにつながるかも,なんて期待しつつ,ハイスロットルを組みました。 結論から言えば,やっぱり2500から3000rpmで4速のときは,そんなにリニアには反応するような変化はありませんでした。ただ,やはりスロットルはいいあんばいで,すこしだけ多めに開けられるようになっているようです。(中開度域以降はいうまでもなく・・・)

Sslt1_4Sslt2_3
とりあえず,Stock状態でのスロットル開度を有機EL液晶のスロットル開度を見ながら印をつけて比較用ムービーを撮ってから外しました。

Sslt4Sslt5

ハイスロの方が,途中から半径が大きくなっているので,ワイヤーを巻き取る量も増えることがよく分かります。気になっていたのは,前半で,がばっと開きすぎて,ぎくしゃくするのなら,こまるなあ・・・というものでした。

で,ハイスロを組み付けました。ハンドルバーの穴に,突起がきちんとはまるようにしつつ,ねじをとめました。(黄色で囲んでいる部分です)
Sslt6

交換後の様子です。左側がStock状態で,右側がハイスロに交換後です。
上の段からスロットル開度が0%,50%,100%です。(有機EL液晶がスロットル開度です)
S

S50

S_2

で,この様子を一応,ムービーにも撮ってみました。この前から,デジカメ(DMC-LX3)でHD画素で撮ったムービーにはまってるので(^^;

   

(変更後の感想など)
ハイスロに変更して,実際に70Km程度走ってきました。(といっても慣らしですが)
4速2500rpmから,そのままスロットルをじわっと握って加速したときの感じは,ハイスロに変えた後もそんなにかわらなく同じような感じで加速するように思う。ただ,液晶画面(下画像)で見ると同じように開けたつもりでも,ひと目盛り(角度にして約12度分)程多めに開けているような感じはしたけど,よくわからない。 50%以上開けたときには,たぶん上画像のように全開近くまで開けることができるようになったと思う。
             Shislom
                                         (2009.08上旬)

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VMAX1700 荷物用フック(試用編)

先日,やっと荷物用のフックをM8のボルトで増設しました。

で,100均で適当なゴムを探しました。  ありました!ちょうどいいものが。
Sfookcode1Sfookcode2_2

これでOK!と思いましたが,,,少しコードが短くて,荷物が付けにくそうです。
で,結局おなじわっかになってるストレッチコードの1mのものを1本購入し,下の画像のように固定しました。
Sfookcode01_3Sfookcode0_2
途中で一つむすんでおき,そこに普段は引っかけて,荷物をくくりつけるときは,適当に調整!ということで・・・(^^;
これでやわらかいたいやきを買ったとしても,袋の上半分をゴムに巻き付けて固定!
ビデオレンタルや本ならがっちり固定できるようになりました。(ばっちり!)

              Shusqvarna
Husqvarnaっていうバイク(400cc)に乗せてもらいました! VMAX1700の足つきと完全に同じでした。(身長170cm,体重62Kgです。) 両足付けると,ちょうど両親指のつめ先がつきます。片側だけの足にずらすと,一応5本の指が接地した状態で止まれます。

今回試乗させてもらったのは,自分の中で忘れかけているであろうキャブのリニア感を思い出してみようかな?というものでした。以前乗っていたZRX1100(TMR&フルエキ)から,今回のVMAXに乗り換えたとき,スロットルへの反応がすこし鈍いような遅れるような?うまく表現できませんが,とにかくリニアでなかったのが第一印象でした。
(きっとぎくしゃくしないようにわざと鈍らしているのだろうと)
こんなやつに乗ってました・・・


Husqvarnaって,レーサーに保安部品をつけただけのバイクとのことで,昔ベータテクノというバイクに保安部品を付けて,ガソリンを背負って走ったこともありましたが,TMRが最初から付いているということで,のせてーっ!ってお願いしました。
これは400ccのタイプです。だいぶ450ccよりパワー感はそがれてるとのことでしたが,やっぱり低開度からの開け始めにリニアに反応する感じはTMRそのものでした(加速自体はそれなりですが,400単気筒と思えないくらい気持ち良く回ってくれるし,オフ車らしくサスも動くのでぐわーっと走ってくれました。)

で,,,まあ,,,とりあえず,,,VMAX1700は,がばっとあけても,適度に絞ってくれるのでホイルスピンやフロントアップも適度に抑えられるし,安心だから,まあいいかな?と思います。(^^;

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VMAX1700 リヤ荷かけ用フック作製(完成編)

VMAX1700 リヤ荷かけ用フックがやっとできました!  
前段階のM8用のねじを切っている様子は,こちらに書いています。                  
         Sfook11_2 

こんな感じになります。ここに,自転車用の短めのゴムを買ってきて使ってみるつもりです。もしくは,フックが付いたものをとにかく100均か,スポーツデポあたりを探してみます。(^^; 私の中では,このフック増設が一番手間だったように思いますが,まあ,なんとんかこれでレンタルビデオ屋さんにも行けるようになりました。 デイバックやななめにカバンをかけてバイクに乗るのはなんとなく好きでないんです。 もちろんミラーに買い物袋をかけて走るのも・・・(ま,たこやき買ったときだけは別ですけど)

Sfook12_2  Sfook16



画像左のように,ボール盤で9ミリの穴を空けます。位置は右のようにクリアファイルであらかじめ穴の位置を印して,ポンチで位置決めをしました。

で,安易にM8ねじより1ミリ大きい穴だから,ま,すぐつけられるだろう・・・と思っていました。が,よく見るとリヤフェンダーが斜めになっているので,M8のねじはななめに通すようになります。 100均に行き,ミニリューター用のヤスリをかって穴を斜めにひろげました。
Sfook13Sfook14

これで,M8ねじが2本通り,M6ねじ2本でリヤフェンダーに固定できるようになりました。が,まず正確にM8ねじ穴があいているはずがありません! やはり予想通りで,M6ねじの2本の内1本だけはちゃんとリヤフェンダーとこの部品を固定し,もう一つのM6ねじは,した画像のように,頭だけの部分にしたものを瞬間接着台で貼り付けました。

Sfook15Sfook17

M6で15ミリのねじをグラインダーでねじ部分を切り取って,貼り付けられるように加工しました。右画像のように,M8のねじは,ロックタイト(中強度)でゆるまないようにしっかり固定しました。

         Sfook18
拡大したものです。この2本のM8ねじの間のM6ねじが,今回貼り付けただけのねじです。この画像左のそとにある(写っていない)M6ねじは,リヤフェンダーにちゃんととめられています。ちなみにM8ねじは長さが60ミリのものを使いました。  (8月上旬完成)

まあ,純正の雰囲気を残しつつ,簡単な荷物はくくりつけられそうだと思っています。

VMAX1700関連Topページはこちら 

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

VMAX1700 リヤ荷かけ用フック増設編(1)

お金をなるべくかけないで,リヤシートに荷物をかけるフックを増設したい・・・
キャリアーを作っている方がブログでも数名いらっしゃいますが,そこまでは荷物は積みませんが,カッパやカメラくらいはちょこっと積みたいと思って,今回の施工に入りました。

まず! なんで私のバイクはM8のねじが切られていないのでしょうか?
(今回,右のようにタップでねじ溝を切りました)
Sfook4Sfook6





声を大にして言いたい! 生産ロットによってねじの溝が切られているロットとそうでないロットがあるのってどうなの? 少なくとも,ブログでキャリアーを作っている方で2名の方はすでにM8のねじ用の溝が切られていたそうです。
もし私がもう少しお金持ちで,48300円もするリアマウントベースを買ってたら,本来なら普通にねじで留めるだけのものが今回のようにリアシートをぜーんぶはずして,さらにねじ溝をタップで切ってもらって,,,それだけで工賃が跳ね上がると思うんですけど・・・。

             Sfook2
最初は,無理を承知で,リアまわりをはずさずにタップで,ねじを切ろうとしましたが当然無理でした。

Sfook3Sfook5_2

シート左右の2つのねじと,リアシート中央のねじの3つをはずし,裏側にあるプラスチックの固定しているもの左右4つずつを外すと,意外に簡単にはずれてくれました(上左画像)。 右画像のように,タップでねじを切りました。これ自体は簡単です。でも,普通にバイク屋さんにタップって置いてあるんでしょうか?(^^;

                             Srearmountbase
このリアマウントベース(48300円)をつけるとすっきりするんですが,私には高すぎます。これならダイノジェットのパワーコマンダーⅤをつけるかな(^^;    (8月上旬施工)

荷かけ用フック増設の完成編はこちらになります。

なお,私のVMAX 1700関連のブログ記事のトップページはこちらです。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホワイトLEDウィンカーに変更しました。 VMAX 1700

                          Sled9
ドカティーやカワサキのバイクを見てると,意外にホワイトウィンカーが純正でついてるのがあるんです。 値段も私の価値観では,微妙ですが,LEDになるということで,それもなんとなくおもしろそうだったので,変更しました。
Sled2_5Sled3_2

まずは,リレーユニットをLED用のものへ変更します(上右画像)。 場所は,右側のサイドカバー内にあります。
ウィンカーレンズをウィンカー下面にあるねじをはずして,とりはずし,電球もはずして,あたらしくホワイトLEDウィンカーレンズをつけます。ねじをしめてできあがり!
これだけなら,ほんと5分とはいいませんが6分?くらいで終わってしまいます。

(できあがり図)
     Sled1_3

つぎに,フロントウィンカーの位置変更をしました。部品は,evoluzioneで買ったものです。
時間さえあれば,アルミのプレートを切り穴を開けて,アルミパイプとねじで安く作ることは普通にできそうなアイディア品だとおもいますが,,,
Sled4Sled5

まずは,フロントウィンカーをフロントフォークから取り外します。10ミリと8ミリの2つのねじで固定されています。 にしても配線が極力見えないように,徹底して隠されています。

               Sled7
つぎに,ウィンカー自体を取り外すために,コネクタまでさかのぼっていき,はずします。
が,コネクターはヘッドライトの裏にあるので,ぜーんぶ外す必要があります。

Sled8
ウィンカーを支えている部分(ゴム製)を外すのですが,内部の金具はそのまま残すために,このようにゴムを伸ばしながら金具を抜きました。

あとは,説明書通りにステーを,ヘッドライトを固定している横のねじで,一緒に固定してできあがりです。
                    Sled9_3

作業時間は,フロントウィンカー移動のために40分程度かかってしまいました。ヘッドライト周りをざっくりはずす必要があるので,意外に手間がかかりました。まあ,天気が悪い日が続くので,ちょうどいいです。      (2009.07下旬)

VMAX1700関連Topページはこちら 

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Race-ECU試走してきました(^^;

先日,Race-ECUに変更しましたが,雨が上がったので試走してきました。(50Kmほど) 
なお,現在の総走行距離はまだ350Km程で,慣らし途中まっただ中。なのでとにかくスロットルを低回転で大きく開ける操作だけは避けてます。(^^;

◎2000から2500rpmで,トルクが上がったかのようなしっかり感がでてきたように思う。
変更前だとこの回転域で4速で巡航すると,再加速の時に余計にスロットルを開ける必要があり(ノックしそうな雰囲気があった),まず使う気になれなかった回転域。それが今回は普通に使えた。2気筒のバイクでアイドリング+αで走ったとき,とことこと一つ一つの爆発で走るような,そんな感じでドコドコという感じで巡航できた。
変更前は,2500から3000rpmで巡航していたのが,今回は2100くらいから2500rpmでも十分巡航できるようになったと思います(あくまで私の感覚ですけど)。

慣らしが進んだためか,ECU変更したためかは不明ですが,現状で最も気になっていた2500rpm前後でのスロットルに加速がそこそこついてきて欲しいと思っていました。 それが,私の体が慣れたのかどうかは別にして,気にならなくなりました。やっぱり気持ち良く思った通りに乗れる,これって大事だと思いますし,満足です。(^^;

*その他の変化は・・・,わかりません。(笑) ま,4000rpm以下の低開度ですし・・・

ワイズギアのLEDホワイトウインカーキットを購入しました。4つで12600円ですが,まあ,LEDになるし,私の価値観ではぎりぎり許せる価格設定かと。 ほかのワイズギアのオプションの値段設定って,,,高すぎだと思いますが・・
                  Sled1

LEDのホワイトウィンカーをフロントの2つはヘッドライト両側に移動し,リアフェンダー両側のステーも外して,少し加工しようと思っています。
次回,仕事が休めるときに雨だったら!,加工しようともくろんでいます。(^^;  (2009.07下旬)

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VMAX 1700 で RaceECU(北米仕様用)に変更完了

VMAX1700のECUを先月入手していたRace用ECUに無事変更できました。(自分用の覚え書きです)
なお,私のVMAX 1700関連のブログ記事のトップページはこちらです。
(改変記事や試走しての感想,そしてエアクリーナーボックス加工とエアフィルタ交換の覚え書き記事や排気音の比較ムービー等があります。)

Srecu1_2 Srecu2

・リヤシートを開けて,固定してあるボルトを2つはずす
・ダミーのタンクカバーを固定した左右と前後の4つのボルトをはずす
・ECUユニットが見えました。さっそく2つあるコネクタ(下側)のピンを入れ替えます

Photo Srecu3
コネクタの接続面(右側画像の右上側)を手前にしてピン配列を見ます。ピンを固定している白い部分をマイナスドライバで押し込んではずれる状態にします。
・一段目のピン4本を2本ずつペア単位で入れ替えます
・二段目のピンも同様に2本単位で入れ替えますが,線が奥にあるので一気に4本外して入れ替えます。

Srecu4 Srecu5

無事にピンの入れ替えができたら,もとどおりに白の部分を戻してピンを固定します。
無事に起動できるかなあ・・・間違ってないかな? そうそう,以前フランスの人がこのRaceECUをそのまま差し替えても動かず,結局ピン配列を変えて無事に使っていたというのを思い出し,たとえ間違ってても,まあ,壊れないだろう(そんなことないかも・・・)と思いつつ,キーを入れました。(下の動画です)

Race-ECUへ変更後(フルパワーへ変更済)

無事,起動してくれました。(これを見つけてくださった人柱の方々へ,大感謝です。)
今日は,一日大雨です・・・,このまま置いておくだけにしますが,どのようにスロットルに対するレスポンスが変わっているか楽しみです。
ムービーを見て気付かれたかもしれませんが,アイドリングが1200rpmになっています。ECU変更前は1000rpmで,それでもちょっと高いなあと感じていたのですが,,,今回エンジンが冷えた状態でかけたので,そのせいかもしれませんが(^^;

私が初めて国内仕様のVMAXに乗って感じたことは,2500rpmあたりでのアクセルに対するつきが弱いことでした。慣らしの過程ということはありますが,それにしても,もうすこしそのあたりの回転域でも,スロットルにリニアに反応して欲しいと感じました。なんとなく,あれ?ガス欠なのかな?って思うような感じで,スロットルを開けてもそれについてこないんです。
その点が改善されていればいいなあ・・・,なんて思っています。
今回,MAX-Tuneさんでチャンバーとマフラーの加工を輸出仕様と同様に抜けの良い状態にしていただきました(ほんとうに感謝です。さらに音質がいい感じでお気に入りですし,輸出仕様よりも常用域の中回転域でのトルクを厚くするようにこだわっているようですし,楽しみです)。
そして,ECUの接続ピン配列を北米仕様と同じにすることで,Race用ECUに付け替えができました。おきまりですが,これらの改変はすべて自己責任にて行ったものであくまで参考にという程度でご理解いただければと思います。(2009.07下旬)

VMAX1700関連Topページはこちら

参考までに,VMaxGuru.comにRaceECUのダイノジェットグラフの比較記事があります。
      VMaxGuru.comにECUからのスロットル信号についての考察記事もあります。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

VMAX 1700 エアクリーナーボックス改造 & エアフィルタ交換完了

VMAX 1700 のエアフィルターとリアシートのクイックリリースピンをevoluzioneから個人輸入しました。今回,覚え書きとして書いたもののうち,エアクリーナーボックスの加工については,VMaxGuru.com内にあるAir Box Modification の記事,および記事内で紹介されている改変のムービー(このとおり施工すると純正フィルタの場合は不具合も出る可能性があるようですので注意) 内容が今回evoluzioneで購入したエアフィルタの説明書に書かれており,それに基づいて改変を行いました。 MAX-Tuneさんが行っているエアクリーナーボックスの改良とは全く関係のない記事内容ですので,MAX-Tuneさんからのリンクでおいでた方はご注意をお願いしますSevoluzione_box さらに,施工の方法によってはエアクリーナーが変形し,それが中のYCC-Iと接触したり,破れたりする可能性があるそうですので,よく注意された方がよいそうです。(たしかに純正のエアクリーナーには変形したり吸い込まれないようにネットが張られて,しっかりした作りだったように思います。吸気抵抗が低かったらその変形もすくないのかもしれません。。。 (2009.7月下旬記載)

Emsair_3
こんな感じで届きました。朝発注したのですが,実質5日で届きました(速い!)。
送料は,はじめクイックリリースのピン&フロントウインカー位置変更パーツだけで発注しかけたのですがそれで$35程,これに$70のエアフィルタを追加しても送料は$40程でしたので,まよわず発注しました。(^^;

           Sparts1

ということで,ECUをRace-ECUに変更するためにタンクカバーをはずします。
ECUを無事に変更した後,エアクリーナーボックスを外して加工に入ります。

Sair1

Sair3


まずは,有機ELパネルの前方のコネクタ(左右2つ)のソケットを抜いて,取り外します。
(銀のカバーは,外す必要ありません)
Sair4 Sair5

ねじは,エアクリーナーボックス周囲に短いものが10本あります。
はずせば,右側画像のようにエアフィルターが見えます。とりあえずこれを抵抗の少ない今回購入したものに交換しました・・・

つぎにエアクリーナーボックスを取り外して加工しました。ボックス周辺にある固定してあるボルト10本(さっきの10本より少し長くて光っているねじでした)をはずします。
Sair6 Sair7

キーシリンダー周りの有機ELメーターを受けている部品(上画像左側で手に持っているもの)をキーシリンダー左右の2本のねじをとってはずしました。
無事に右側画像のようにエアクリーナーボックスが取り外せました。取り外したエアクリーナーボックスを見れば全面があいているわけでなく約1/3だけ中央部に窓が開いたようになっています。これを外すのが今回の目的です。
                 Sair8

YCC-Iが鎮座しています(^^; evoluzioneで購入した説明書には,このYCC-Iの上半分の部分を取り外すようにありますが,私の場合は中低回転域でのトルクをうすくすることは用途上避けたいので,残すことにしました。もちろん,YCC-Iを動作しないようにコネクターを外すことで簡単にその機能をキャンセルするためのムービーもYouTubeにありましたが,,,

Sair9Sair10

エアクリーナーボックスの固定しているところをナイフで切り取ります。
上右側画像のように無事はすせました。

Sair11 Sair12

左右を見比べると,エアクリーナーボックスの空気取り入れ口(ここにエアフィルタが載ります)が3倍になってくれています(^^;

Sair14_2









まずは排気の抜けを良くして(チャンバー&マフラーを輸出仕様と同等の状態に)でないと空気を多く取り込めるようにするのは危険だと素人でも気付くと思いますが,あくまで自己責任において今回の施工はしたもので,自分用の覚え書きでもあります。あくまでその点をご理解の上,参考程度ということでご理解をお願いします。 上右画像で,社外製エアクリーナーの向きを純正同様にしましたが,YCC-IをキャンセルしてYCC-I上半分を取り外し,さらにエアクリーナーボックスのふたを取れば,より吸気が効率よくできるでしょうかけど。 MAX-Tuneさんの加工のように,エアクリーナーの向きを逆にして,ステーで固定もできると思います。 どちらがいいのか,不具合が起きるのかもわかりませんので,よく考えてさわるべき箇所かもしれません。

             Sparts2
今回,とりはずしたパーツ類(日本仕様ECU,純正エアフィルタ&流入口)です。(^^;
今度時間ができたら,フロントウィンカーの位置を変更したり,ワイズギアのホワイトのLEDウィンカーに変更したり,あと荷台のためのフック追加等をしたいと思っています。
まあ,雨が降れば,やってみたいと思っています。(^^;

VMAX1700関連Topページはこちら

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Speed-inputラインとAutotune用電源ライン

純粋に覚え書き用

Pcvautotune

確かに、この右側のR/Lはキーに連動した電源ラインのようだけど(一応サービスマニュアルの回線図でも確認したけど)、AutoTuneのO2センサーの消費電流が結構大きいようなので、ECUの安定動作を考えて、AutoTuneの説明書にあるとおり、リヤのナンバープレート用ランプの電源からとるように変更しました(下画像のとおりです)
              Sautotune3_2_2

 

               
上記のスピードパルスの端子とキー連動の電源端子については、StarMaxの掲示板の書き込みを参考にしつつサービスマニュアルの回線図を読んで確認はしたが、正式なものではなく、自分用の完全な覚え書きなので、信用しないようにしてください。

                                                                                     2009.08

VMAX1700関連Topページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

「Stockな音」と「MAX-Tuneな音」比較! VMAX 1700

新型のVMAX(国内仕様)の排気音について,Stockの状態と,輸出と同等仕様(MAX-Tuneで施工済)の比較動画を撮りました。(2009.07月中旬撮影)

国内仕様のチャンバー&マフラーの抜けを良くして,輸出同等の仕様に変更施工してくれる業者さんがMAX-Tuneです。純正の外観が気に入っていたので,本当にありがたい存在です。ありがとうございます。
 
新型は,国内仕様の認可を通すために,さぞかし静かになったんだろうなあ・・・,旧V-Maxのノーマルの音にはどうにも満足できず(一応逆車だったんですが)スーパートラップに付け替えていました。
新型もその旧V-Maxよりさらに静かになったんだろうなあ・・・,迫力無いんだろうなあ・・・と内心思っていました。しかし,実際にその音を聞いてみて,予想を裏切られました。
スロットルを軽くあおると,意外にしっかり音が出ているようです。実際の音量は確かに静かかもしれませんが,十分に堂々とした音がしているように感じました。(Stock状態での音です)

               Smax2
で,北米仕様に使うRace-ECUを取り付けてもエンジンが壊れないように,チャンバー部分とマフラー部分をMAX-Tune(左側にリンクあります)に送って抜けを良くしてもらった状態の排気音も一緒に動画に収めることができました。
長々と感想を書いても(というか書けませんが(^^;)しかたないので,簡潔に・・・

「Stockな音」は開ければ十分満足できそうな音質(とくに低音域の雰囲気)。
「MAX-Tuneな音」は,アイドリングでも一つ一つの爆発音が聞こえて,Stock以上に低音がしっかり出ており,音量はあまり変わらないけど,音質がより迫力があるものになった印象(施工はグラスウール残したそうです)。

  Stock状態のもの(前半部分)とMAX-Tuneで施工後(後半部分)の比較用動画です。

VMAX1700関連Topページはこちら 

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

うちのわんこ!(はやくも一週間)

はやくも一週間が過ぎたんです。 体も一回り大きくなり,顔つきもすこししっかりしてきたようにも思います。まだまだ,じゃれるまではいかなくて,まったりした動きです。(^^;

Snene07041 
                       Snene07042

今週は,EOS40D+タムロンSP AF60mmF2を持っていきました。先週はFinePixF200EXRでとにかく手軽に(妻が撮影)撮りました。こちらの画像です。先週よりちょこっと大きくなった感じするでしょ?ま、F200EXRは画角が28mmなので広角でピントもマクロと自動で切り替えてくれるし、気がつけばISO1600での撮影でしたし、でもとりあえずぶれたりぼけたりせずに記録として失敗のない写真が取れますので、安心です。(^^;
今日は、同じように少し暗い部屋での撮影ですが、それ以上に90mm相当の焦点距離になるのでぼけすぎないようにある程度絞りつつ撮影しました。久しぶりに触った一眼だったのでまだまだですが、これからは、うちのわんこ!を撮りためていこうと思います。
でも、、、でも肉球や、その周囲の毛がきれいに撮れますよね。いい感じです。
(上の写真はF2.8、下の肉球の写真はF2.0です。もちろん手持ちの室内です。ISOは上が400、下が100です。 先週のF200EXRの肉球に比べて前回はISO1600なので、やっぱり撮っただけという感がありますが、今回の肉球は写真らしい質感もあっていい感じだとは思いました(^^;)

ついでに、花を撮ってみましたが・・・、このF2.0に慣れるには時間かかりそうです。絞ってもぼけてしまって・・・一方、ぱしっとピントが合うような花の写真なら、パナのDMC-LX3なら楽に撮れるのがわかってるし、体もそっちになれた今となっては、どうにもすぐには使いこなせそうにはないです・・・
Shana07041 Shana07042

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

あたらしい家族です・・・

雨ですね。 すっかりジョギングするの,,,忘れてます。 ま,雨に甘えて,今日は和み系で失礼。

Snene1 Snene2_2

6月5日に生まれました。。。 毎月,Shi-Ba(しーば),という雑誌を読みつつ,気持ちをたかめていました。いまもころっ,ころです! (^^;
まあほんと,ぺちゃっと寝てるし,ころっころで,肉球もいい感じ!

               Snene3
ほんと,全身の力が入っていない様子を見ると,こっちまで,だらーっと,にまーっと力がぬけちゃいます。。。(^^; 

で,,,とどめの一枚でしめときます!

Snene4_2 ということで,,,またそのうち,登場するのでこれからもよろしくね。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »