« キス天&焼酎ロック最高! | トップページ | 体脂肪計比較!(オムロンHBF701, タニタBC620の測定差と体年齢差) »

2008年10月12日 (日)

坂道LSD(8th)&体脂肪計(タニタBC-620)の1stレビュー

                     Dongri
約半年ぶりに、坂道のあるジョギングに行ってきました。早起きして、早朝LSDです。
朝焼けの空の中、スタートしました(もちろん長袖です!)。
ま、順調に走ることができて、23Kmを2時間20分程度で走ったかと思います。
そのとき、途中で見つけたどんぐりの画像を載せました。 秋ですねえsun

もちろん、おきまりの「夕張メロン」 DyDoの自販機で売ってます。もばっちり飲みました。
適度に甘くて、適度にさらっとしてて、うまっ!ってな感じで、私と次男はお気に入りの一品です。
Smelon1012
順光で、持ち上げて接写したのですが、異常なくらい空が青いです。気持ちよかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからは、我が家にやってきた新しい体脂肪計(タニタBC-620)についてです!
文中のHBF-364と記述しているのはすべてHBF-354の間違いです。訂正して読んでください。
Sbc620

画面右側のものが、新しい体脂肪計です。なかなかデザインがいいでしょ!(^^;

まず、見た感じが気に入りました。
もちろん機能面でも、今まで使っていたオムロン(画面左側)から最近新発売されているHBF701というものよりも我が家には合っていると思いこの機種にしました。
・6才からの体脂肪の計測に対応しているということ。
  (次男坊主は9才ですのでオムロンのHBF-701でははかれません。10才からの対応)
・計測が50g単位とかなり細かく体重をはかることができそう。
・もちろん、右手右足左手左足、体幹部、全体と部分部位にわけての計測ができる。
 (これはオムロンでもタニタでも可能ですけど)

実は、買い換えをする必要に駆られたのは、次男坊主がちょっと太り気味ということ、
今までのオムロンの体脂肪計なら2名までしかメモリーができないということ、
ということで・・・・実際に使ってみました。

『あれ?? なにか変!』 これが今回のレビューの第一印象でした。
まずは、表示される体脂肪率が今までのオムロンのものより2ないし4%少ない値が
表示されること。 さらには、体年齢が20才前後が表示されること(最少年齢は18才)。

いままでは、風呂からでた直後に裸のままで計測をしていました。その状態がちょっとずるいですけど、一番体脂肪率の表示が少ない上に、同じコンディションではかれるようだったので、オムロンの場合はそのようにしていました。
しかし、タニタのBC-620の場合はそのはかり方だと良くないようで、説明書には
S
のように、入浴後2時間程度経過した後がいいとのことでした。
なので、今回は計測のタイミングが間違っていました。で、もうしばらくしてはかってみました。
Bc620test_2
そ、それでもやっぱり、表示される体脂肪率は少なめです。一方今まで使っていたオムロンのものは、値が大きくなっています。

で、本当の私の体脂肪っていくらなの?っていうことになるんですけど、以前からときどきSportsDepoにて、業務用の体脂肪計(タニタ製)で測っていたので、それが次の画像になります。
Sdepo
(フジのFinePix F100fdで撮りましたので、タルゆがみがひどいですがお許しを)

計測時間も19:30頃で夕食前でしたので、上記のタニタの正しいはかり方はしていることになります。これによると、体脂肪が約14.8%で、基礎代謝が1428Kcalということになります。この数値に近いのは、オムロンの場合は風呂から出て直後、タニタなら風呂から出てしばらくしてから、ということになります。

もうしばらく、いろいろな時間に測ってみようとは思いますが、今まで(3年以上)、風呂から出てすぐに測るのが習慣になっていた私としては、風呂から出て食事して、1ないし2時間経ってから計測するというのが結構忘れたり、少しめんどくさく感じるかもしれません。もちろん、習慣の問題だけなんですけど。。。

ただ、妻の反応がきびしくて、いままで通りの習慣で風呂から出たときに測ると、ありえない体脂肪率をBC-620が表示しました。
S_2
前述の、デポで妻も一緒にタニタ製の業務用の体脂肪計で計測したときは大体24%前後の値でした。しかし、それが今回我が家にやってきたBC-620ですと風呂から出た直後は14.3%(もちろん体年齢は最小値の18才)になりました。なので、妻が新しい体脂肪計で計測するときは、まずは基準の24%の体脂肪率を表示するのがどのタイミングで計測したときになりやすいのかを調べてから、そのときに計測する必要がでてきてしまいました。

ということで、メーカーがオムロンからタニタに変われば、こんなにも計測するタイミングが変わってしまうのかということで、今は結構不便を感じています。
ま、これも慣れでしょうから、2日ほどいろいろと調べてみたいとは思っています。

長文になり失礼しました。購入時に、オムロンにしようかタニタにしようか、本当に迷いました。決め手は9才に対応していることと、デポで測っていた業務用の体脂肪計がタニタだったので、きっと同じシステムで測るものが発売になってるんだ(昨年新発売された機種だったので)、きっと同じような計測値を我が家でも出してくれるのだろう!と期待して購入しました。結果として、思っていた以上に大きな違いがメーカーによりあって、少しショックだったので、つい詳しく書いてしまいました。

↓↓↓ちょっとしたご褒美代わりにワンクリックいただけますとうれしいです。よろしくお願いします。confident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

|

« キス天&焼酎ロック最高! | トップページ | 体脂肪計比較!(オムロンHBF701, タニタBC620の測定差と体年齢差) »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

復旧、よかったですね。ほんとに。
ぽち、ごっつあんです。(^^;

今年は、紅葉の接写&風景で気に入った写真が撮れたらいいなあ!!って思ってます。
LX3もほしいなあ・・・

投稿: くろすけ | 2008年10月15日 (水) 08時06分

こんにちは。
おかげさまで、何とかパソコンが復旧いたしました。
どんぐりですか、かわいいですね。
これからもよろしくお願いいたします。
ポチっと。

投稿: 100-400IS | 2008年10月14日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/42781359

この記事へのトラックバック一覧です: 坂道LSD(8th)&体脂肪計(タニタBC-620)の1stレビュー:

« キス天&焼酎ロック最高! | トップページ | 体脂肪計比較!(オムロンHBF701, タニタBC620の測定差と体年齢差) »