« iPod Nike+の測定誤差検証(LSD編) | トップページ | 涼しく夜空ジョギングもいいっす »

2008年6月25日 (水)

等速で走る難しさ!(Nike+測定誤差検証その2)

まずは、、、iPod Nike+ の測定誤差検証(その2)です。
Map0625

まず、測定誤差検証から、、、
  ほぼ高低差が10m程度のフラットのコースを走りました。(地図中の高度差があるところは、すぐ横の切り立った山の標高が入っていますが、実際にはフラットです。)
*ジョグノートマップでの測定距離が12.25Kmで、iPod Nike+の測定値が12.31Kmでした。60mの誤差で、ほぼ誤差無しという結果になりました。eye (意外とふーんって感じ)

で、、、で、です。。。完全フラットなトラックは走っておらず、途中に橋があったり、微妙な登りや下りがあります。そのなかで、等速で走り続けることの難しさを知りました。とくしまマラソンのときは、併走した優秀な(?)相棒のおかげで、最初から最後まで、かなり正確にキロ6分で走り終えることができました(5キロごとに誤差が30秒以内でした)。最初は、ほんとにこんなにゆっくりでいいの?って思い、、最後はおもいっきり走ったのですが、それでもほぼ同じペースだったのです。。。

今日、フラットな路面で、気持ちよく&やや抑えめでの速さが、キロ5分20秒程度でした。で、7キロを超えた頃から、そのままではこの速度を下回りそうになり、やや速く走るように意識をしましたが、逆に速くなりすぎたり、、、、途中で坂道になったりと、、、なかなか等速で走り続けることが難しいと思い知りました。

キロ6分のペースは、だいたいイメージとしてわかっているつもりですが、次は、このキロ5分20秒のペースを体にしみつけたいと思いました。で、このペースで、フルマラソンを走りきることができれば、、、サブ4は達成できますしhappy02

とまあ、今までの6分ペースの次は、5分20秒のペースを習得できるよう、Nike+でしばらくはヘッドフォンつけて練習してみます。

でも、実際のところ、フルマラソンを3時間45分から4時間程度で走る人のペースってどんなのが理想なのでしょう???
完全に等速がいいのか、(最後の2Km程度は多少速くなってもいいという認識で)それとも、ある程度前半ペースを上げ気味がいいのか、、、とにかく負担を減らすということで、できるだけ等速で負荷を足にかけないように走っているのでしょうか?
『ランナーズ』などは読まないので、、、よくわからないのですが、今日、走りながら、こんなことが気になりました。。。

↓↓↓ブログランキングへ参加中です。1クリックの応援いただけますと幸いですconfident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

|

« iPod Nike+の測定誤差検証(LSD編) | トップページ | 涼しく夜空ジョギングもいいっす »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

100-400ISさん、こちらこそです。

50mmf1.8は、ゴミよけにつけてる感じでしたが、花をあんなにきれいにとれるんですね。
私も積極的に使っていこうと思います。
(先日、蛍はこのレンズで捕りましたが、、、うまくとれませんでした。来年こそはとこっそり思っています。)

投稿: くろすけ | 2008年6月27日 (金) 22時20分

まなぼーさん、おひさです。

6月だというのに、低気圧もこなくて、波はべたの状態です。
このところ、ジョギングしかしてないので、海に行ったら、また筋肉痛に襲われるんだろうなあと思ったら、、、
  ついジョギングに逃げてしまっています。wobbly いくらジョギングしてもスキムで使う筋肉とは別のようで、、、

でも、夏になれば、青い空の下でスキムしたいです。

投稿: くろすけ | 2008年6月27日 (金) 22時19分

HappyWindさん、こんにちは。

蛍は、昨年から近所で放流を始めたと聞き、子どもと見に行ったのです。写真は、だめだめで、、、リベンジできないままですが、来年こそはもうすこしまともに写したいと思ってます。

仕事で昨年東京に行く機会があり、皇居ランをしてきました。happy01
けっこう、車の排ガスが気にはなりましたが、場所によっていろいろあって楽しく4周したことが思い出されます。
秋葉原をうろつくことすらせずに、少ない自由になる時間を皇居で過ごすというのも悪くないかな?なんて。

投稿: くろすけ | 2008年6月27日 (金) 22時10分

こんにちは。
私のブログにお越しいただきありがとうございました。
キヤノンを中心としたカメラの話題と、
稚拙な私の写真などを載せていますので、
またよろしければ、お気軽にお越し下さい。 (^^ゞ

投稿: 100-400IS | 2008年6月26日 (木) 23時46分

12㎞をずっと同じペースで走れちゃうんですね~!
走れるカラダって理想です!
仕事で崖を上り下りするので本当は持久力が必要なんですけどね、瞬発力に頼ってます・・・
運動をこんな風にデータ化できてしまうとは知りませんでした!
凄いシステムです!
地形と位置情報の融合なんですかね?
ipodって音楽を聴くものだと思ってました。いったいipodってなんなんだ???って感じです。電化製品にうといので^^
また、スキムのムービー撮ってアップしてくださいね!

投稿: まなぼー | 2008年6月26日 (木) 11時39分

はじめまして。
私は持っていないのですが、文明の利器がどのくらいなものか興味がありました。
正確さも立派ですが、調べられたくろすけさんの好奇心も立派だと思いました。
写真はきれいですね。ホタルの写真など、カメラが良くても素人では何も写らないのでしょうね。
ご自宅の近くは自然が豊かなのですか?
これから時々覗かせていただきます。

投稿: HappyWind | 2008年6月26日 (木) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/41648388

この記事へのトラックバック一覧です: 等速で走る難しさ!(Nike+測定誤差検証その2):

« iPod Nike+の測定誤差検証(LSD編) | トップページ | 涼しく夜空ジョギングもいいっす »