« でおくれたあーーっ! | トップページ | 等速で走る難しさ!(Nike+測定誤差検証その2) »

2008年6月22日 (日)

iPod Nike+の測定誤差検証(LSD編)

0622lsd3

ジョグノートカップ、スタートで出遅れていたのですが、今日、なんとか梅雨の晴れ間にLSDに行ってきました。
ついでに、Nike+の測定誤差って実際どのくらいあるのだろう、、、と以前から気になっていたので、検証してみました。(完全平地のトラックを1Km走り調整済みの状態です)

Run0622lsdmap_2

コースは、大きく分けて、アップダウン部分(私にはけっこうきついです)とほぼフラット部分の2つに分けて比較をしました。

結果は、下の表のようになりました。約22Km走りましたが、トータルでの誤差は、Gooleマップでの計測に比べてNike+が約3%短めの値を算出しました(460m短い計測値)。
そのうち、アップダウン部分では、Gooleマップでの計測値より約5%短めの値となり、フラット部分では、Gooleマップの計測値より約3%多めの値を算出しています。

登りと下りでは、かなり歩幅やペースが変わってしまうことを考え合わせると、かなり正確に計測できているのではないかと思います。単なるショックセンサーで歩幅との単純計算ではなくて、加速度センサーによる修正が結構うまく効いているのだなあと感じました。

Data0622

センサーは、今使っているものが2つめになりますが、今まで、距離を計測するGooleマップの存在を知らなかったために、計測誤差を調べることをしていませんでした。

また、ジョグノートマップならではの距離と標高がマウスを当てるだけで出てくるのは、便利で、おもしろいです。普段走っているコースの標高差や距離を地図で調べられるというのは、本当におすすめの機能です。sign03

↓↓↓ブログランキングへ参加中です。1クリックの応援いただけますと幸いですconfident

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

0622lsd1_3  雨上がりで、路面は濡れていますが、晴れ間もあり緑がきれいでした。
でも、、、、とんでもなく湿度が高く、暑くてコンディションは最悪でした。1L以上飲み物を飲んだような気がします。coldsweats02

ジョグノートカップでは、、、やっぱりぼちぼちいくしかないようです。catface

|

« でおくれたあーーっ! | トップページ | 等速で走る難しさ!(Nike+測定誤差検証その2) »

ランニング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516127/41629397

この記事へのトラックバック一覧です: iPod Nike+の測定誤差検証(LSD編):

« でおくれたあーーっ! | トップページ | 等速で走る難しさ!(Nike+測定誤差検証その2) »